液出し

最近BackpackingLight.comの有料記事で寒冷地に於けるキャニスタストーブの実験記事が連載で出ているので読んでいた。今週は液出しの特集のようだ。
Selecting a Canister Stove for Cold Weather Backpacking
Part II: Commercially Available Canister Stove Systems
(有料記事なので年会費を払って会員登録しないと読めません..)
気化管を持った分離型キャニスタストーブを倒立液出しする方法はもはや有用なテクニックとして認知されていると言って良いようだ。倒立缶を保持する多くの工夫が紹介されている。コールマンからは従来のパワーマックスの他に倒立専用のキャニスタストーブシステムも出てくるようだし。JPのメーカーもちゃんと取り組んでも良かろうと思う。

先ずは写真達を眺めようと画面をスクロールさせると..!?この写真!おお、私がフォーラムのWindPro倒立液出しのスレッドに投稿した写真が記事中に使われているではないか。なんと、実名まで出してちゃって..Oh!
写真は昨年の11月に縞枯山でのBivyビバーク時にやった数種類の寒冷試験の中のWindPro液出し100Yenストーブ台の実証テストのものだ。

雪の中なら倒立スタンドも要らないねという紹介のされ方と思う。ただし、ウインドスクリーンを使うとヨロシというコメントが付けられている。御意、その通りでございます。でも、そのときはほぼ無風だったのでね、付けていなかったのよ。
うーん、ちゃんとフォーラムもチェックしているんだなぁ..

ガソリンも液化ガスも炭素の数が異なるだけの仲間であり、液化ガスの方がCが少なく沸点が高いので燃やし易いのだ。火力も高いというデータが出ていた。キャニスタ缶の重量が嵩むので大きな缶をドンと持つ方が容量に対する缶重量の割合は減るだろう。短期間のキャンプであれば大きなガソリンストーブの燃料ボトルを持つのに比べて不利はない。なんせ、正立で気化プロパンを気化管の予熱に使い、おもむろに倒立させれば予熱が安全にできる。ただし、気体を調整するつもりの弁で液体を調整するので、調整が神経質になる。ま、慣れれば何とかなることだ。

試みでやったことが紹介されて、ちょっと嬉しかったな。

■  [PR]
by ulgoods | 2006-03-17 05:47 | 燃える系
<< LUCIDO TX-1 その後 北岳 >>