内向き炎のアルコールストーブ / Alcohol Stove

燃える系続きでなんですが..
お山で使おうとアルコールストーブを作り続けているのだが、どーも根本的に炎の漏れが気に入らない。鍋が小さい場合に炎が底面からはみ出して鍋の側面を伝ってしまう。これでは鍋の加熱に使われない部分が多いような気がしてイヤだ。
元々、缶の側面や上部から炎を出すのだが、最初の出だしが広いからイカンのではないかと考え、炎が内向きに出るように変えてみた。このため、缶の上部を開口とすることができないので、完全密閉式を採用。燃料を入れる口は裏にナットをJBボンド(耐熱エポキシ接着剤)で接着し、ネジで栓をした。以前の試作では内圧の安全弁を兼ねて口をコインで押さえたりしていたんだが、ずれた箇所から内部に引火して爆発とまではいかないが、ビュッという音と共に高く火柱が上がったことがありコワイので..完全に口を閉じるのもコワイが、ジェット部が開いているので缶が破裂することはあるまい。気化チャンバーは不要なのだが、アルコールの蒸発促進のために上部の熱を下部に伝える必要があるので、一応二重壁構造とした。内壁には穴を開けて気化チャンバーで生成されたアルコール蒸気を内筒に戻している。缶の接合部は圧が漏れないように耐熱テープでシールした。

結果は、見事?内向きの炎を作ることに成功。さすがに完全密閉なので、簡単な予熱で炎が吹き上がる。
e0024555_23122279.jpg


e0024555_23124631.jpg


予想したより凶悪に炎が立ち上がることもなく、炎が収束した辺りに鍋を置くと炎が無駄に広がらずにイイ感じである。反面ストーブと鍋の距離をある程度離してやらないと効率が悪いことが判った。ちょうどWestWind Stoveの三角五徳がちょうど良い高さ。ストーブと鍋の間隔が開いているとフィールドでは風の影響を受けやすいので風のある状態で風防をセットしてラーメンテストをしてみたい。
本当は渦を巻く炎を作り出したいのだが、アリゾナストーブのような五徳を乗せると回転を殺してしまうのでどーだろうと思ったり。渦を作る仕組みは、ジェット部に耐熱パテを盛り、斜に穴を開けてやると圧力から渦の運動エネルギーを与えられるのではないかと思っている。きれいな炎を見たいので、そのうちやってみるかな。
しかし、暗い所で見るアルコールの炎は美しい...
[PR]
by ulgoods | 2005-07-24 23:26 | 燃える系 | Comments(4)
Commented by JSB at 2005-07-25 22:58 x
http://www.brasslite.com/products.html#GSI
一世代前のブラスライトが、ちょうどこの形の加圧式ストーブでした
そして、突然 止めて 現在の形に変更しました
その理由が不明なのですが、、、、、、、、
予熱するための、燃料ロスがある
加圧式は注入した量を判断しにくい。作業しにくい
気密タンクにするのに、手間が掛かりすぎる。重くなる
などと、JSBは考えています。
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
重さ、小型、熱効率(最小燃料で沸かす)
安く、簡単な構造、壊れにくい、作り易い
などを、高次元でバランスさせるのは難しいので
どこかで、バッサリと 
「ギター侍」 してから 加工する (笑)
Commented by ulgoods at 2005-07-26 05:02
JSBさん、コメント頂けて光栄です。JSBさんの意欲的な作風にはいつも刺激を受けております。
ブラスライトの変遷は把握しておりました。わたし的にはAaronは火力調整に走り密閉加圧を捨てたのではないかと推測しております。
アルコールストーブは燃料の取扱が容易であり比較的簡単な工作で作成できるのでMYOG( Make Your Own Gear)するにはうってつけのジャンルですね。
どこかにベクトルを向けて、それ以外は斬って最適化しないとシステムとして纏まらないので、私は自分の山行スタイルに合わせ、コッヘル五徳風防込みで軽量かつ省燃料で安全性の高い非化石燃料ストーブを模索しようと思っています。
ぼちぼちやっておりますので、また覗いてコメント下さると幸いです。
#一時期、空き缶ストーブとセットでネットオークション辺りで売ろうかとAaronから8oz.Dispenser Bottleを大量仕入れしましたが諸兄の先進性に圧倒され修行し直すことにしました..燃料ボトルだけ不良在庫です(笑
Commented by JSB at 2005-07-27 08:44 x
http://www.datasync.com/%7Ewksmith/stove.html
これなども、いわゆる固燃での究極かも(笑)

お互いに、刺激、感激、しながら 進んで行きましょう!
今後とも どうぞよろしく
JSBは、400cc以下を沸かす場面での、最小燃料、最軽量をポイントに
模索していこうかなと考えています。
特に、ライバルの少ない(爆笑) 200ccを、、、、、
Commented by ulgoods at 2005-07-28 12:25
JSBさん、こんにちは。
このストーブ(風防五徳)、以前見て作ろうと思っていましたが、ボヤ騒動(台所でアルコールストーブをひっくり返して..)の後すっかり忘れていました。思い出させていただき感謝です(もうボヤは出しません..)。五徳の縦部分に針金の芯を入れて強度UPしたものを作ろうと思います。
エスビット系は超軽量バックパッカーに人気ですが、私は燃えかすが汚い&不完全燃焼っぽい刺激臭でイマイチだし、ただ漫然と燃えている感もこちらが付け入る隙が無く楽しめません。とはいえ、近日中にスイスアーミーストーブ編をUPを計画中。
最近、スイスアーミーナイフ一本でAL缶ストーブを作る技を磨いています。
今後ともよろしくお願いします。
<< JetBoil + 内向きアル... 空き缶 アルコールストーブ 小... >>