キャンドルランタン / UCO Candle Lantern

先日の裏庭雪中キャンプで久々に登場したUCOのキャンドルランタン。
e0024555_17372230.jpg

道具本にも必ずと言っていいほど書かれる定番なので持っている人も多いと思う。
ロウソクをスプリングが押し上げて、いつも一定の高さで燃えてくれるし、ガラスのホヤ付きで炎が露出せずに安心だし、風に強くて便利だ。縮めれば小さくなる。
外側は鮮やかに各色出ているが、私は使い込むと渋くなるのを期待してブラス製を選んだ。塗料が剥がれると悲しい感じがするから。
余談だが、ブラスは、ピカールで磨くとピカピカになる。中学校の頃はボロなトロンボーンを磨くのでお世話になった。祭りのパレードの前日に金管の皆で磨くのだ。あまり前に磨くと指紋だけ錆が出る。思い出して近所の荒物屋に行ったが、昔のままの缶で売っていた(嬉!

ロウソクの炎はいい。テントの中で点けて外から見ると頼りなさげだが暖かみがあっていい。写真に撮るとなお良い。自分のテントに惚れ直すほどイイ。ロウソク込みの基本重量は260gだ。そんなに軽くはないのだが、その姿を外から見たいが為にいつもザックに放り込んでしまう。9時間燃えるらしいので2泊くらいなら換えのロウソクは要らない。虫除け成分が入ったロウソクもある。使ったことはないが、効果はあるのだろうか?ロウソクは消しても虫除けは欲しいから、別途蚊取り線香を持ったり、DEETを使うのが良いと思い、買ったことがない。

実際使ってみると、上に吊すと手元が明るくないことがわかる。炎の位置と筒の形からして当然だ。それでは本を読むには少し足りないのだ。とはいえ、炎が燃えているので迂闊に手元に置く訳にもいかない。そんなとき使うののが反射板の類だ。
手持ちの関連品
e0024555_17374689.jpg

2枚目写真の円盤型は半円2枚を組み立てた立体で、笠のようになっている。これは上にかぶせる。そうすると下に光が反射されて本が読める程度にはなる。レンズ型はランタンの後ろ(特に決まっていないが)に引っ掛ける。そうすると反射で前方が明るくなる、ような気がする。というか、後方に光が漏れないというか..
効果の程を写真で確認してみた。ダンボールに映る影を横から見ると、後方は陰になってるし、上への光も遮られているから、それなりに遮光&反射されているのだろう。
レンズ型反射板の陰がクッキリ出てます。
e0024555_17381218.jpg

e0024555_17383052.jpg

この笠だが、説明書にはコーヒー濾しの側として使えるような絵があったが、どうもこの開きに合う濾し紙がない。バンダナで濾す時に使うのかな?バンダナで濾すと汗臭くなりそうなので試したことがない。

メイベル男爵のバックパッキング教書によるとゴムで吊すと良いらしい。必要な時に手元に引き寄せるのだとか。でも、誤って手を滑らせた時、反動で飛んでいくランタンと溶けたロウの飛散を考えると私は憂鬱になる。

左端の青いのはネオプレーンのようなスポンジのケースだ。UCO製でコクーン(繭)とかいったかな。ぱっくり口を開いて提灯の妖怪のようだが、この口からランタンを押し込む。これにくるめば多少手荒な扱いをしても本体は安全だ。

ランタンの横にあるのは換えのオイルランタンだ。無臭灯油というのを中に収めて芯が出ている。実は、ロウソクのヤツは上にロウの湖が出来ているので傾けるとこぼれてホヤや内筒を汚してしまう。ま、あとでお湯を掛ければキレイになるのだが、オイル式ならそんなソソウはない。炎の色は嬉しいことにロウソクと一緒だ。芯の出し方を変えれば明るさ(オイルの持ち)を調整することができる。このオイルキャンドルはNorthanLights社製だ。NorthanLightsは遊歩大全(The Complete Walker)にも出ている由緒正しい品で、これはYahooでうんと安く買うことができてラッキーだった。ただ、蓋の上面に小さな穴が空き(空気抜きで空いていた?)、オイルがにじんで引火して困るので耐熱ボンドで埋めようと思う。他の方から聞いたが、やはり同じ状態だったらしい。その方は更に上面に金属を貼ったということだった。
e0024555_17385721.jpg


下が暗い欠点を補うために底に付くLEDライトも売っている。買ってはいないが、頭に付けてヘッドライトにもできるらしい。が、LEDではこの暖かみは得られないな。癒し系として多少の無駄は許すことにしている。


この記事を読んで思うところをクリック!
1:ロウソクはイイヨねー
2:もの好きが...
3:それで?

UCOと聞いてSCOを思い出すあなたは...
[PR]
by ulgoods | 2006-01-26 17:39 | 生活系 | Comments(14)
Commented by Gen. at 2006-01-26 18:04 x
Cand'oil上面の穴はバキュームらしいので一応埋めん方がイイとは思いますよ。
…埋めても変わりないのかなあ…?

Gen.
Commented by ulgoods at 2006-01-26 18:05
なるほど..最初に気を付けていなかったのですが、最初から開いていた穴だと..
でも、漏れて引火するんですよー
Commented by Gen. at 2006-01-26 18:44 x
対策としては
1)当初から注入する燃料は8分目以下で
2)持ち運び時に振られて“上って”きてた分は着火前に拭き取る

…って感じですかねえ。特に“上って”きてたらそれが呼び水になるのか後から後から吹き出てたような気がします。

Gen.
Commented by ulgoods at 2006-01-26 18:50
一度上がるとダメですね。
どこから漏れるのか不思議なんですよ。蓋を裏から見ると穴が無いし..
気持ちとしては満タンに詰めで出かけたい。
Commented by 『ターボー』 at 2006-01-26 23:26 x
なんだかんだ ありますが、
ブラスのキャンドルランタンへの そんな思い入れ 大好きです。
やはり ろうそくが一番だと、、、
NorthanLightsは 当方 使い方が「へた」で
においがテントによく充満します。
専用のオイルなのに ・・・

何か違ってるのかな? 私だけ??

Commented by ulgoods at 2006-01-26 23:46
ロウソク1本が50g、NorthanLightsがオイル7分目で73g、2泊までならロウソク1本ですね。
それと、NorthanLightsはお山へ連れて行く前の長時間燃焼試験で漏れ引火したので私は山へは連れて行っていません。ターボーさんほどの使い手が匂いで悩むとなると、漏れ引火が解消したあとに裏庭テントで匂いの感応試験をやらないとイカンですね。手間が掛かります..
ターボーさんのは漏れ引火はどーですか?
Commented by ulgoods at 2006-01-27 00:14
私が使っている燃料は新宿の山屋で買った「特製ランプオイル」..なんだかベンジンもそうですが、特製が多い気がします。株式会社飯塚カンパニー製。ラベルの絵を見ると、この手のランタンの他に、おしゃれな姿のキャンドルにも使われているようです。イイ感じのレストランとかバーとかにありそうな、浮いているロウソクですね。
とりあえず、室内では匂いは感じませんせした。
Commented by ulgoods at 2006-01-27 18:36
蓋を縦に貫通していた小さな穴を見つけて埋めました。
漏れは..変わらず。
どうやらネジの横にある小さな穴から来ているようです。それが埋める前の穴に溜まって火が点き、そこから漏れているような印象を与えているようです。液面が高いと、その穴の位置での吸い上げが多すぎて漏れるのかもしれません。

燃料を半分以下にし、芯も引っ込めて炎を小さくしたら、漏れは起きなくなりました。
今のところ匂いは感じません。

いっぱい燃料を詰めて持っていくというのは良くないようですね。
Commented by weltecho at 2006-01-28 13:25 x
こんにちは。キャンドイル、以前どこかで見たのですが燃料を入れたままでの移動だと内圧差で漏れてしまうらしいですね。
持ち歩く際は燃料は別容器で持ち歩くという行為が必須との事でした。
この商品はどこを見てもその対策が議論されているので購入は見送っています。
Commented by ulgoods at 2006-01-28 17:07
穴を埋めて燃料半分で漏れなく燃やし尽くしました。
燃料面が高いと傾きや手で握って暖まっただけで燃料が滲んでしまいますね。
ケース自体の重量は47gでほぼロウソク一本に相当します。燃焼時間を計っていないので比較できませんが、ロウソク2本で足りる行程ならロウソクの方が軽いような印象です。
ま、とりあえず、関連品も欲しくなる性格なので...
Commented by 『ターボー』 at 2006-01-30 22:59 x
ネジの横にある小さな穴 は 中のオイルが
芯を伝わって 上にあがるための 空気穴だと思っていました。
ちなみに ネジを絞めると 塞がったので 
計画的犯行かと・・・

当方 使っている時の あの匂いですから 携行しているとき
漏れているならば気づいたと思います。
携行している時は 確かに ビニールの袋には入れていましたが、
漏れていませんでした。
Commented by ulgoods at 2006-01-31 13:58
確かに燃料が吸われて液面が低くなっていくので空気の補充が要りますね。ネジの横の穴は蓋を閉めれば塞がるので携行時に漏れることはないでしょう。それ以外の天穴も蓋で閉じますから特に埋めなくても良かったかと思っています。ま、閉じたままでも燃えましたが..
結局、オイルを入れての移動はOKで、それとは関係なく、液面が高いと燃焼時に漏れるということですね。なので、別途容器がないと半分くらいしかオイルを入れておけない。
匂いですが、私のオイルは鼻を近づけてもあまり臭いませんよ。鈍いのかな?飯塚カンパニー製です。
Commented by JIN at 2006-04-22 23:16 x
CANDOIL使っていますが私のも穴からの漏れがあります。
それと単体では問題ないのですが、UCOにセットするとほとんど芯を出していなくても炎が大きくなりすぎススだらけになります。ランプでタンクを囲ってしまうのでオイルが加熱しているようです。
そこで穴をふさいだら芯からオイルが滲み出すようになったので芯を細いジッポのウイックに変えたら滲みは収まりました。
ススの問題はまだ解決していません。皆さんのは炎安定していますか?
Commented by ulgoods at 2006-04-30 23:46
JINさん、ども!
先日穴を塞いだNorthanLightsをを使っていたら燃料は充分あるのに、どんどん炎が小さくなっていきました。穴を塞いだことによって液面が下がるに連れて内部に負圧が生じたかと思い、一度蓋を開けて空気を補充したら、以降はOKでした。やはり、穴は必要かと..開け直します。加熱されれば逆に内圧が高くなるので滲み出しもあり得ますね。
煤の問題は..燃焼で煤が出る条件って何なんでしょうね?ロウソクの科学に書いてあるかな?
<< 懐中しるこ 折り畳みトースター / Pri... >>