アルミ箔緊急時寝袋その2 / Emergency Sleeping Bag

やはり、畳むのは至難の業..
真空中でキッチリ折り畳まないと元の袋には入らないと思われ。しかも、長さがあるので一人では無理。途中で横方向に折り返すと空気が抜けないし..
私は器用で我慢強い部類に入ると思うけど、さすがにぶち切れてグルグル巻きにしました。当然元袋に入らず、100YenのZip袋に入れて空気を抜きましたが、100YenZipは根性無く次第に膨らんでくるし..次回からはお荷物になりそうだ。
新しいの買うんだろうな。
e0024555_14553675.jpg

[PR]
by ulgoods | 2006-01-14 14:56 | 宿泊系 | Comments(4)
Commented by rodo at 2006-01-15 09:07 x
フードセーバーコンパクト2でパックにすると良いと思うぞ。
HDD2度目にして、完了でござる。
Commented by ulgoods at 2006-01-15 13:43
口の幅が60cm以上あるので、吸ってくれるか..お山では使えないし。
HDDコピー成功、祝着至極!
Commented by Gen. at 2006-01-17 13:32 x
今更、かもしれんですが、「布団圧縮袋」の小さいヤツ(洗濯物/季節外れ衣類の圧縮袋:掃除機不要)で試してみるのはいかがでしょう?
シェルタ、寝袋等、思った以上に小さくなります(質量保存の法則で圧縮後も「意外と重い」です…当たり前っちゃ当たり前ですが)。「アルミ寝袋のためだけに…」というよりは、インナー等々、一緒に入るものは何でも放り込んで圧縮! …やりすぎると痛むような気がする諸刃の剣。
Commented by ulgoods at 2006-01-18 02:09
お山で使える掃除機がほしい...かも(笑
化繊系綿系はあまり圧縮するとロフトが戻らないらしいですね。
この銀もあまりシワシワにすると熱の反射90%の性能に差し障りは無いのだろうか?
<< ALWAYS 三丁目の夕日 アルミ箔緊急時寝袋 / Eme... >>