アルミ箔緊急時寝袋 / Emergency Sleeping Bag

Adventure Medical Kits社のEmergency Sleeping Bag、再使用可能と言うことなので買ってみた。
体から放射する熱の90%以上を反射するという。
スヤスヤ寝ているおじさんの写真が安心感を誘う一品だ。
e0024555_7321955.jpg

この手のアルミ寝袋は実はこれで3つ目だ。最初の購入は忘れたが、NASAで開発された技術云々の宣伝文句に惹かれて十年以上前に購入して車のトランクに放り込んでおいた。山歩きを始める前だが、雪道でエンジンが止まった際の緊急用のつもりであった。
私(我々?)どーも、アポロ11号の世代なのでNASAには無条件で降参してしまう傾向がある、と思う。凄いモノから胡散臭いモノまで、少年雑誌の裏表紙の広告でさえNASAの云々と書いていた時代もあったっけ。
ま、それは置いておいて..アルミ寝袋は一度展張するともう使えない?というイメージがあったので買ったは良いが使ったことがなかった。2個目は山屋で買った。さすがに1発目が10年以上経っているので、お山で使うイザというときにボロボロでは困る。1発目は結構お高かった記憶があるが、2個目は安価だった。NASAの文字も踊っていない。1発目はNASAに名義使用料でも払っていたのかしら?
こやつら、ピンチ袋の常連だが、もちろん使ったことがない。展張するとダメだと思ったので..で、3個目、これはRe-usableという文字が目に留まった。再使用できるなら試せるよね。袋の口がジップロックになっていて、再使用可を主張している。
e0024555_7365783.jpg

書いていることは「体温低下の埋め合わせ」でいいのかな?
幾重にも折り畳まれている..ああ、仕舞うのが大変そう。
e0024555_739321.jpg

なんせ90%以上を反射するということだから、どんなに暖かいのか?でも、こんな薄い膜でそんなに暖かい訳ないし、という解けない疑問が続いていたのだ。いざ、お世話になる時にコイツの性能を知っていなくては困った事になる。期待して良いモノか、期待しては危険なのか..

東京も今日はさほど冷えないらしい。テストであまり寒くても凍えるので、少しだけ寒い程度がよいと思い、いつものように裏庭で試してみた。
想定したのは晩秋の日帰り山歩きなので、上半身は、下着、長袖シャツ、フリース、薄い合成綿入りの防寒着(Patagomia MicroPuff)とした。下半身は下着に厚手のフリースパンツ(山ズボンとタイツ相当のココロ)にゴアレインウエアを重ねてはいた。足元は、非常時は靴を履いたままなのだろうが、袋を再利用したいので、汚れを避けるためにGoliteのULTRA-LITE Vapor Barrier Socksを履いた。
e0024555_7403454.jpg

関係ないが、昨日、床屋で髪を短くしたのでバラクラバを被った。地面にはテントのグランドシートを敷いた。断熱マット類は無し。
開始時刻は午前1時、気温は約7度、微風。
Vapor Barrier Socksは履いた瞬間からムレが始まったことが実感できた。これは効きそうだが、本件では余談。

変な時刻に目出し帽を被ったオヤジがバサバサと音を立て、某ファミレスのアルミ包みハンバーグのような袋に潜り込む。家人や近隣の方にはお目に掛けたくない姿だ。
あれ、透けて向こうが見える..夜目にも向こうが見えるのである。可視光を通すということは赤外線に対して急激に反射特性が向上する訳もないか?と少し90%も不安になりながら..頭にも覆って首元で絞って手で握り何が起きるのか待った。内部は結構な量の空気を含んでおり、体にベッタリという感じはない。大量の空気層による断熱も期待できるかもと思った。

自作自演なので包み焼きハンバーグ状態の写真は撮れなかった。
まず、地面からの冷えが背中を伝ってきた。この場合、冷えが来たというより、体温が奪われていくということだろう。やはり断熱マットが欲しいが、普通の日帰り山歩きの場合は断熱マットは持たないので仕方がない。本番でも冷えるんだろうなと覚悟しなければならない。せめて接地面積を減らすために半身になった。ザックを座布団にして座るのも良いだろう。
次の変化は10分くらい経過してから..やはりどことなく寒い。時々ゾクゾクっとしてくる。風が吹くと首元を絞っている手が冷たく感じる。アルミ箔の表面の極々近傍の暖まった空気の層がはぎ取られて冷たい風が当たるのだろう。だが、風が止むと冷えも止まる。この場合、暖まっているというよりは、こーやって次々と体温が奪われていくんだなと実感した。体からの放射熱の90%は反射している筈だが、遠赤外線効果でポカポカというようなことはない。どんどん容赦なく冷えた。
次に、内面に結露がつき始めた。最初じんわーり湿り、次第に手で触って濡れが判るほど。これが不感蒸泄の凝結ね。なんせ、透湿性ゼロの素材だからこの濡れはどんどん増える一方である。水滴にまで成長していないが、触るとはっきりと濡れが判る。ゴアの雨具を着たのは正解だ。衣類表面自体は結露していない。
外気に放置してあった腕時計を中に引き入れしばらく放置し体付近の気温を測ってみた。7.9度、外も7.9度..空気は全然暖まっていない。反射90%というのは直接体に作用するのであろうか?よくわからない。

結局2時間ほど頑張ったが、ポカポカしてくる気配もないので止めた。外に出たが、温度は変わらないように思う。外の方が濡れが無い分爽快だ。
アルミ寝袋無しで横たわってみると違いが分かるのだろうが、そこまで酔狂ではないのでやらなかった。

判ったことは、
・ポカポカはしない。
・濡れる。
ということである。
以前やったVapor Barrierの議論の素材としては使えそう。

90%反射の意味が、遠赤外効果で体の心から暖まるが途中の空気は熱しない、ということなら、少し効果があったのかも知れない。が、元々放射熱自体の寄与が小さいのかも知れない。その90%を取り立てて宣伝したとしても、オーダーとして卓越しているのは地面や身に接した箇所からの熱伝導による損失だろう。
その他、直接体に当たる風を防いで衣類の保温性を保つという効果もあるかも。

ま、コイツに限ったことではないだろうし、気温にもよるが、晩秋のお山なら寒さで震えて夜を過ごすことは請け負う。過大な期待をしてはいけない。ピンチ袋にはツェルトも入っているが、ツェルトがある場合はコイツは不要だろう。袋に入っていると安心感はあるかな。ま、この程度と理解して、保険を二重に掛けるつもりがあれば、重さ的にも許せるのでピンチ袋に保留させるか..
でも他の使い道もあるかも知れない。細引きでアルコールランプを吊って熱気球にして救助を待つとか..、そり代わりにして遊ぶとか..逆さに被ってポンチョ代わりにするとかね。

畳んで再使用性を試したいのだが、内部がベッタリ濡れて乾いていないので、畳めないでいる。汗で濡れたまま畳むと次回の本番時は本来の必要以上に苦痛の種が増えそうだから..
ま、ザックや車のトランクに放り込んでも重さや容積で邪魔になるモノでもないが、車には毛布を積んでおいた方が良いと思う。キレイに折り畳めなければ捨ててしまおうか。

そこだけ妙に具体的に90%とか言われても困ってしまう。
[PR]
by ulgoods | 2006-01-13 07:45 | 宿泊系 | Comments(25)
Commented by MadBoo at 2006-01-13 10:21 x
うちも年末の掃除ででてきました銀色のすごいやつ。
使ったことないし捨てようかと思ったけど捨てずに置いたまま。でも使用体験記を読んだら捨てようかなという気になってきた。
数日前のTVで、デパート初売り福袋を狙って前日から並ぶ人の映像がでたのですが、その中でも銀色シートを被って待つ人がいましたが、見てるだけでも寒そうですよね。
Commented by ulgoods at 2006-01-13 10:52
Madbooさん、ツェルトを持っていないのなら、何も捨てなくても良いと思います。直接の風を遮る何らかの遮蔽はあった方がマシです。
最初腕時計(温度計)をコンクリートの縁台の上に置いていたら、1.2度くらいでしたが離したら気温で7度超。コンクリートとか石は冷えています。初売りのコンクリートの地面も冷えるでしょうね。ダンボールでもあるとだいぶ違うと思いますが、見た目と後始末に困るので、自動膨張式のマットが活躍します。
Commented by カワサキ at 2006-01-13 12:47 x
お疲れ様です(^^)。
ulgoodsさんは本当にやるから凄い。
さぞ寒かったでしょうねえ。
本当、この『体温の90%は反射する,,,,,NASAの開発した、、、、云々』って言うのがスペースブランケットの宣伝文句ですが、これ本当に信じてしまって危ない目に遭う人って居るのでしょうね。

この手の宣伝文句は衣服にもシュラフにもブランケットにもたくさんあります。曰く光なんとかファイバーが、遠赤外線を反射して、、、効果とか、、、意味不明。

いまだにこうした宣伝文句で売っている『新製品』がありますので JAROに報告したい所です。でも、報告した所で、『放射熱の90%』ですから、、、と言い抜けられそう。
まあ、でも同じ条件(中綿)で比較してどのくらい効果があるのか、実験室での測定データってのを第3者機関が発表して欲しいですよね。
アウトドアグッズに関してはそうした容赦ない公平な第3者テスト機関が出来れば絶対歓迎されると思うのですけれど。。。。
あわてる企業や雑誌関連の顔を見てみたいと思うのは私だけでしょうか。
Commented by zeltina at 2006-01-13 12:54
こんにちは。この手の銀包みは私も関心のあるところでおもしろいレポートだと思いました。山岳ガイドさんのHPや本で調べた結果、ビバーグに大事なのはどんなに良いアウターを着ても一番下のアンダーがきちんとしてないと寒いのかなという私なりの結論に今のとこ至ってますル。ビバーグにはEXP対応のメリノウールアンダーウェアとツェルトは揃えました。あとはそれらの用具とともに対応できる体力かしら,,,
Commented by ロウライダこば at 2006-01-13 23:14 x
こんばんは。このてのシート、実は僕も実験したことがあります。
結果、ulgoodsさんと同じ結果に。今では若かりし頃の良い思い出
です(笑)
しかし「体温の90パーセント…」て何の基準でしょう?
体に直接触れず空気断熱層をふくんでの話でしょうかね…
Commented by オムライス at 2006-01-14 00:29 x
こんばんは。実験ご苦労様、風邪をひかなかったのは何よりです。

自分が使っているのは、サレワ製のエマジェンシーシートです
(20年ほど使っていますが、もう既に販売されていませんね)。
最初はオールウェザーブランケットを使用したのですが、重い為に、ICI石井スポーツで軽量なサレワを購入しました(1m*2m位で150g)。
薄手のレジャーシート位の生地で、結構丈夫です(2枚買って、交互に使っています)。
焚き火の時、背中側が寒いので、このシートを肩掛けに羽織ると、
かなり暖かいです(輻射熱を反射していることが実感出来ますよ!)。
あと、自分は保温性は無いと思っているので、ビバーク用には新聞紙を多めにビニールに入れて、持っていくことにしています。
Commented by 『ターボー』 at 2006-01-14 01:18 x
拍手!! さすが武闘派!!
当方もこの手のシートは いかがなものかと思いながら
ulgoodsさんのように 実践しないで 悩んでいました。
ザックに入れて 「安心」を背負ったことも何度もあります。
今回の内容で <やはり>と言う感があります。
おかげさまで 溜飲が下がった思いです。

しかしののシート 災害救助袋などにも 横行していますね。
大丈夫かな。
Commented by ulgoods at 2006-01-14 10:13
カワサキさん、NASAとはいえあの超薄い膜にそうそう魔法のような細工は出来ないでしょう。
科学的検証を含まない私の裏庭テストでの一方的な感想を書きましたが、まったくの的外れでもないと思います。
メーカーや売る側やスポンサー付きのライターさんは否定的なことが言えないですが、私(ら)は平気。どんな状況でどー使えるのか使えないのか、些細な情報でも発信して、適用限界と、どういう情報を買い手が求めているのか、その宣伝文句にどういう印象を持つものなのか、売り手側に伝えて行く努力をお財布が許す範囲で細々とやっていきたいと思います。
Commented by ulgoods at 2006-01-14 10:19
ロウライダこばさんこんにちは。
若かりし頃の実験、御苦労さまでした。私は若くもないのにこんな裏庭遊びをやっています。
90%は放射熱の90%だと思いますが、放射以外に熱伝導による損失も大きそうなので、損失全部の90%ではないということに注意が必要そうです。体に接触しないようにして被って立っていれば伝導の損失は最小化できそうですので、その辺の仕組み的なことは考えながら使うべきでしょうね。
若カリシ頃の隠しネタ等、フォーラムの方でご披露いただければ..私も凍えずに済みます(笑
よろしくお願い致します。
Commented by ulgoods at 2006-01-14 10:27
オムライスさん、今年もよろしくおねがいします。
焚き火を前面していれば無駄に失われる炎の輻射熱も利用できますね。新聞紙は侮れないと思います。丸めて詰めれば立派な断熱材だし、焚き付けにもできるし。隅々まで読むと結構暇つぶしになるし..ビニール袋に入れて絶対に濡らさないのがコツですね。
以前、徹夜仕事で仮眠する時、新聞紙の1枚でも上に掛ければ暖かだったことを思い出しました。
Commented by ulgoods at 2006-01-14 10:31
ターボーさん、わたしは武闘派ではなく、しがない裏庭キャンパーです(涙
無いよりはあった方がよいと思いますが、持ったからといって、それ一つで全て安心という訳でもなさそうです。ツェルトとか持たないならこのシートを核として衣類やその他新聞紙とか知恵とか(知恵は重量ゼロ!)総動員して眠れぬ一夜を過ごすか..ということを考えていると眠れぬ一夜を過ごしてしまいます(笑
Commented by ulgoods at 2006-01-14 10:38
zeltinaさん、なんかの記事で遭難で凍死した方だけ綿の下着だった、というのを読んでから宗旨替えして普段の生活でも綿の下着を着けなくなりました。ウールは最近のは毛足の長いの使ったりでチクチクしないらしいですね。
体力ですが、筋肉が多いと代謝も多くて熱の生成も多いですが、それだけ燃料が要るので、イザというときに有利とも限らないと思います。比較的脂肪が豊富な女性や小さな子供、代謝が少なそうな?お年寄りとかの方が動けなくなった極限状態(例えば地震の瓦礫の下からの発見ニュースとか)では長持ちするんでないかなと思っています..極限状態を脱する努力をする場面では体力がモノをいいそうです。
それぞれ、何を持つべきか、違ってくるんでしょうね。
Commented by TiCA at 2006-01-14 12:25 x
カラダをはった実験、お疲れ様です!
私のEMGキットの中にもこの手のシートが入っていますが、あんまりアテにならないんですね。実はかなり信用していたので危ないところでした! 参考になります^^
しかし。パッケージのおじさんのような物体がいきなり庭にころがってたらさぞ驚くでしょうね~(笑

Commented by ulgoods at 2006-01-14 14:52
TiCAさん、ご無沙汰(^^)
上に穴を開けて首を出し、ポンチョのように被って立って一夜を明かすとかなら無いよりあった方がよいと思います。地面に寝て使うのは最悪の使い方かと。
おやじアルミホイル包みの図、夜中にバサバサ音がするのでお隣さんは不気味だったかも..
Commented by roadman1971 at 2006-01-14 17:21
ご無沙汰してます。僕も2・3この銀シート持ってますが、使ったことはおろか試したこともないです(携行しないこともシバシ)。意味無いですね(笑)
我が家と隣家の数十センチの間で同じ事を行うと、間違いなく簀巻きの死体投棄と間違われそうです。
Commented by JSB at 2006-01-15 00:01 x
銀幕シート、NASAけない結果は 使った人だけが到達する境地(苦笑)

オレは板チョコではなかった! という体験をしています(泣)
Commented by ulgoods at 2006-01-15 02:09
roadman1971さん、どもっす!
2,3個お持ちでしたら、人柱に..
室内でテストしても濡れは実感できると思いますが、是非、地面の上で冷えていただきたい一品です。
Commented by ulgoods at 2006-01-15 02:11
JSBさん、何事もNASAねば判りませんね。
板チョコほどスマートではないので、やはりホイル包みハンバーグの心境でした。
Commented by pace at 2006-01-16 04:14 x
20数年前、友人はエマージェンシーブランケット、私は小さいブルーシート。秋の西丹沢(神奈川県)のおくまで入り込んで、無常の雨。2人とも死にそうになりました。
その時から、信用していません。
もちろん何も無いよりは良いのでしょう。しかし防災用品の王様の様に扱われている事に、違和感を覚えます。
Commented by ulgoods at 2006-01-16 05:10
迫力の証言ですね..
あれだけで安心ということは無いですよね。やはりどーなるのかを理解して合わせ技と知恵で乗り切らないと。
凍える夜を過ごしたことの無い者が何も知らない人にNASAとか90%とか言って売ってはいけないと思います。私の検証も1断面を切っただけですが、コメントを下さった方々の経験を合わせて厚みが出ました。感謝。
Commented by JSB at 2006-01-19 18:12 x
http://uside.net/sack/
湿気も抜けていくというらしい
おなじような写真があるので、ブランド名は一緒かな?
価格とバルキーの両方とも、それなりに(爆笑)
Commented by ulgoods at 2006-01-19 18:35
JSBさんありがとうございます。
サーモライトは蒸れなくて良いかもしれないですね。裏返すと、そういうニーズがあったということでしょうか。
寝袋のインナーとして勧めていますね。性能的にはシルクより良さそう。
これ、見てはいたんですが、大きくて、ピンチ袋にポイというわけには行かないのが難点。
どなたか、単体&インナーとしての追試お願いしたいです..
サイズと重量的に潔くないので、コレ持つならゴアの寝袋袋を持つなか..
難しいですね。
Commented at 2009-08-28 20:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ulgoods at 2009-08-28 22:23
こんにちはさん、
コメントありがとうございます。

>非常袋などにも入ってる商品ですし
私は、売り文句で書かれている物は一応読みますが鵜呑みにはしません。売りたい人は何でも言うものです。命を賭ける物は事前に自分で確かめてから自分の装備に致します。
実験の条件は本文に書いてあるとおり。官能試験の結果もまた然り。あくまで個人適な体験を基にした備忘録です。

体から熱が奪われるメカニズムの観点で、放射熱の反射90%がどれくらい生存に寄与するものか、ご説明くださいますようお願いいたします。また90%の測定方法も知りたいものです。ついでに南極探検隊が下着の上にこれだけを着て歩かない訳もお教えください。


続く
Commented by ulgoods at 2009-08-28 22:25
続き

>そう認識してない人だと携行しても意味が薄いかもしれません。
ああ、物は人の認識のいかんかかわらず、できるだけ働いて欲しいと思っております。特に非常用袋に入っているなら、5分説明書を読んで60分の訓練を受ける前に効能を発揮してもらいたい。

>「役に立たせる使い方」を啓蒙するような記事だと素敵なのになあ、と思いました。
悪いが私は提灯は書かないよ。

本文をよく読んでください。防風をこれで行うことはできるでしょう。あとは接地面積をできるだけ減らして伝導による損失減らすよう、心がけて下さいと。


どうも熱の話は難しくてよくわかりません。がんばってお聞きしますのでご教授よろしくお願いいたします。



<< アルミ箔緊急時寝袋その2 / ... ビクトリノクス クラシック /... >>