Titanium Goat / Vortex Titanium Stove

休日の午後、ついにチタニュームストーブの火入れを決行した。

・組み立て
最初懸念した穴位置の精度は問題ない。木ネジがうまく入らなかったので、精度が良くない予感がしていたが、ナットを使わないので最初は内側板の小径の穴に木ねじを押し込んで少しネジ山を付けてやらなければならない。が、これがなかなかうまく行かなくて難儀した。強く押すとチタン板が凹んでしまう。また、付属のチビドライバーでは力が入らない。そこで、予めネジを通した小さな木片を当て木にして、抜いた木ねじ穴の上にチタンのネジ穴を合わせ、力を入れて木ねじをねじ込むことでうまく行くことが判った。最初だけは大きなドライバーを使うのが良い。一度ネジ穴をフイッティングすれば次回からはチビドライバーでも良いだろう。再度の組み立ては一度ネジを通せば問題ない。穴がバカになると今後ネジが効かなくなるので注意が必要と思う。
e0024555_15382579.jpg

ストーブが必要な状態のかじかんだ手で最初のこの仕事は辛いので事前に組み立てをやってからフィールドに持ち込むことを強く勧める。

折り畳み脚だが、中央のネジが邪魔をしてうまく畳めない。もしかしたら、この脚を使う場合は箱の上下を逆にしなければならないのかな?上はネジが2本だ。
e0024555_15391113.jpg


煙突は薄いステンレスのシートを丸めて作る。丸める際は手を切らないように注意が必要だ。私はブリキ職人の息子で小さい頃からブリキと遊んでいたので、素手でどーやれば切れる切れないかは身を以て知っている。が、そうでない人は滑り止めの付いた軍手が良いだろう。丸めは、一度熱を掛けると次回からは簡単だと説明書に書いてある。付属のワイヤーで数カ所留めて、上端にチタンバンドをはめ、下端には、内部に金網を挿入し、最下端に断面積調整用のポートをはめ込んで、そこを本体の煙突穴に差し込んだ。ここでも精度は問題ない。goodだ。

・火入れ
本来はテントに取り付けたストーブブーツで上端を固定するのだが、テント側の裁縫が出来ていないので、今回はランタン用三脚で煙突を固定した。
e0024555_15401433.jpg

燃料の薪は以前公園で集めた桜の枝を使った。時々室内でZIPストーブでラーメンを煮て遊ぶために集めておいたモノだ。桜はスモークにも使われるから嫌な臭いがしないだろうということで選別して集めてある。だいぶ前の枝だから良く乾燥している。
点火はBPLから取り寄せたFire Starterを使い、新聞紙を焚き付けに使った。
e0024555_15405080.jpg

点火一発!どんどん炎が大きくなる。
e0024555_15413868.jpg


・火力調整
火力調節は薪の量はもちろんだが、吸気側の開け具合と煙突側のポートの開閉で行うことが可能だ。煙突の開閉ポートはかなり効く。強風だったせいもあるが、全開にするとストーブがビリビリ鳴るほど炎が興る。
快晴の空にすくっと伸びた煙突が気持ちいい。
e0024555_15421794.jpg

煙突突端の高さは約2m、煙突効果は充分に発揮されている。

・焼き色
ガンガン燃焼させたら、やはり焼き色が付いた。
e0024555_1543261.jpg

本体はブルーになったけど、これは何度くらいなのだろう?
e0024555_15434410.jpg

ステンレス煙突にも焼き色が付いた。チタンは熱伝導が悪いので熱応力による変形が心配だったが、今のところ問題ないように思う。今現在熾き火が残っているが、冷えたら一度バラして変形を確認してみたい。

ナベを乗せてみたが、やはり炎が直接鍋に当たらないから、湯が沸くまで時間が掛かる。保温くらいなら問題なく使える。ストーブの上面に薪ストーブでよく見かける同心円の蓋を付ければ調理に使えると思うが、強度や煙の漏れなどは未知数だし、うまく出来る自信がないのでやらない。

・予定
Hex3にブーツを付けて使用したいのだが、ストーブはもちろん、煙突もかなり高温になるので、誤って触れると即大やけどだ。Hex3では狭いかな?という気がしてきた。二人ではキケンかもしれない。
今回は野外だったのでどれほどの暖房効果があるかは判らなかった。よほど手を近づけないと熱気は感じない。また、ストーブや煙突の継ぎ目からの煙の漏れなど、やはりテントに付けないと判らないことが多い。意を決してお針仕事をやらなくては..と言いつつ、ほぼ絶望的なので、最近KIVAに取り付けた快速旅団のGenさんにお願いしようかと思っている..

やっと火入れが出来て一安心。
キレイに再収納出来るかだな...
今夜このままにしておこうと思ったが、サンタを招くにはチト狭すぎるか...そー言えば、何やらサンタ捕獲器に見えてきた。
[PR]
by ulgoods | 2005-12-24 15:47 | 燃える系
<< Titanium Goat /... 今年のBest3山道具 >>