TarpTent Rainbow


気になっていたTarpTentのRainbowが受注開始した。
(写真はTarpTentのサイトからリンクで表示)
約855gと驚くほど軽量ではないが、トレッキングポールを使って、1本の骨で自立式としたアイディアが秀逸。トレッキングポールを流用することでテントポールを一本省略するというトリックが使われているのみならず、不整地でのピッチング能力が向上されている。
WishList上位に入れておこう。円安なので購買意欲を削がれるが..

以前、Rainbowの速報を読んで、ツェルトの自立化を思い立ち、Φ10mmのアルミポールを100Yenで入手したのに、放ったらかしだ。アイディアとしては、アルミポールを前縁と後縁に沿わせツェルト両端をパイプに固定、各パイプの中央にトレッキングポールの先端のバイトが丁度入る穴を開け、そこにトレッキングポールを差し込んで立ち上げると半自立(前後のテンションのために張り綱が必要)するという目論見。ツエルトを積極的に使いたいがペグダウンできる保証のない地形で使うという場面で使えるかと思った。
パイプに穴を開けるのでその部分での折り曲げ座屈強度やアルミ棒自身の重量増も心配画だ、そのうち試作してみよう。あ、穴開けは必須ではないな..

軽量化で不可能が可能になる領域があるはず。
やりたいことイッパイだ。
[PR]
by ulgoods | 2005-12-08 10:28 | 宿泊系
<< 苦悩の日々 人のつながり >>