ココア+コーヒーでココアヒィ~


e0024555_18211796.jpg
この写真を見て私が何をしようとしているか..言い当てられる人もいるだろう。
以前、コメントでいただいた
ココア+コーヒー -> ココアヒィ~
を作ってみた。
ただ湯を沸かして作ったのでは面白くないので、鍋やストーブから作ってみた。

やっとBPLに発注していた諸々が届いた、その中に今更だが Ultralight "Beercan" Cook Pot & Stove と言うのがある。針金で作った頼りない三脚兼燃焼台に風防がセットになっていて、コンパクトにまとめることができる。JSBさん所で見たりしていたのだが、別段欲しくもなかったが、hiroshiさんがコレ用の加圧型薄型アルコールストーブを作っているのを見て、真似したいので買ってしまった。

さて、これには細長い鍋が要るのだが鍋は付いて来ない。そこいらのビール缶を使えと言う。しかし、運悪く日本では適合するビール缶はない。750mlのキリンビールが良いとBillさんが教えてくれたのだが売っていない。ターボーさんはスノピのエスプレッソを使ってスマートに解決したが、エスプレッソでは空き缶風味が薄いと思い、それは真似しなかった。そしたら、またまたhiroshiさんから情報ありで、写真に写っている日本酒の缶がピッタリと言うのだ。
もちろん、即座に3本発注した。
なぜ3か
1は練習用
2は本番用
3は予備用
で三つというのが買いの基本。
この酒缶、ビール缶とは違って素材が厚い。ちゃんとした市販のアルミ鍋に匹敵するという。

程なく酒は届いたが、どーも飲む気が沸かず(過去の苦い経験からポン酒なら純米酒以外はご遠慮中)、しばらく放置していたのだが、それではいつまで経っても空き缶が手に入らないから、昨夜は久々に晩酌し、半分は女房の料理酒として献上してやっと缶をGetしたのだった。
酒の味は..ま、好きずきだし。わたし的には、あと2缶もどーしようかと...

ま、目的の空き缶が手に入ったので、さっそく缶の肩を缶切りで切り、ヤスリでバリを取り、ペンチでしつこく内に曲げ、さらに金属棒でしごいて、もし直接飲んでもクチビルが引っかからないように均した。仕上げはストーブに付いてきたゴムバンドを巻いてやる。これでここを掴んでも熱くならないらしい。
この酒缶、シールもきれいサッパリ剥がれてベトつきも何も残らない。まさしく、このストーブにおあつらえ向き。缶だけでも充分売れると思う。

ストーブは、コレ用にヲヤヂを薄型に作った。さらに通常の作りでは缶底の凸のせいで、燃料の容量が少なくなるので、缶底をすりこぎで叩いて凸を逆に凹にしてやった。これなら薄型でも40cc以上は入るからラーメンが煮れる勘定だ。
e0024555_18261640.jpg


ストーブの燃焼だが、風防無しでは適度なのだが、
e0024555_18271797.jpg

風防をセットすると劇的に変化する。ストーブが轟音をあげてジェットを噴出するのだ。最初、風防からの熱の反射でストーブが過熱するのかと思ったが、どうやらそうではない。
仕組みはこうだ。
風防をセットする -> 酸欠気味になる -> 鍋の凹部に不完全燃焼ガスが溜まり、燃焼位置が低くなる -> 炎がストーブの上面を過熱する -> ヲヤヂが元気づく。
の正帰還がかかる。そうなるとさすがの加圧型でも不完全燃焼が起こり、頭が痛くなる。風防を開けて空気を入れると収まっていく。この風防は燃焼台より下はポンチで抜いて穴だらけにしてやらなければだめだ。

ま、何だかんだと言いながらも湯は沸いた。
e0024555_1831256.jpg

このストーブ、本来なら燃焼台にエスビットを置く仕様だ。最初は仕様どおりにエスビットで様子を見てみた。が、エスビットを燃やすと鍋や燃焼台にベッタリと茶色いのが付いて、バッチい感じで宜しくない。ただ、一度バッチくして手荒に洗うと、使い込み感が出てきてよい味が出るが、毎回はイヤだ。ま、判っていたけど、それがアルコールストーブ作りの動機。
久々に古いエスビットを燃やしたが、紙の箱がカチカチに固まっていた。おそらく、保存中に昇華で気化したエスビットが紙に浸透して固まった、そんなところだろう。エスビットをレスキューパックに3年も入れていると、もしかの時にカラッポかもしれない。座薬と一緒で冷蔵庫保管がよいのだろうか?

いよいよココアヒィ~の作成。
ココアは正統派のバンホーテン!コーヒーはこれまた王道を行くネスカフェ。混ぜてまずかろう筈がない。
両者を溶かして、ググっと飲んでみた。
?!何かヘン..私の味覚が何か変..
通常、ココアを飲むとゴクっの後に口中にチョコの甘ったるい味が広がるのだけれど、それがコーヒーの苦さで消されて、結局味がしないのだ。ゴクっの後に期待した甘モワーが来ないのは、な、何だろう、糠に釘、のれんに腕推し、馬耳東風?釈迦に説法というか、そんな比喩が100個くらい浮かんで..とにかくスカな感じ。
ココアの味もコーヒーの味も、味がしないのだ。ココアの甘さが苦手な人にはよいかもしれないが、それなら最初からココアを入れなけりゃいいし、どっちも苦手なら白湯を飲んだ方がまだマシか..
単にお湯が多かったかも、あるいは配合を間違えたかな?
どーやらコイツは奥が深そうだ...
[PR]
by ulgoods | 2005-12-01 18:41 | 生活系
<< 禁断の調理器ベークパッカー /... マウントフライ 冬用シュラフ ... >>