GoLite Jam Pack/ ゴーライト ジャム パック

会議室の方に話題が出たので

超軽量路線を行くUSのメーカーGoLiteのTrekking & Mtn Packsシリーズ軽量ザックJam

購入は2004年の春だったか。GoliteのUnlimitedシリーズInfinity,Visionと共に購入した。
e0024555_2361236.jpg

洋梨のような下膨れの変な形。
トップは蓋がなく、巾着の口が露出している。
このザックは重量1 lb 5 ozで600gの軽量である。容積は38リットル+7リットルとなっており、7リットルはフロントポケットやメッシュポケットかな。生地は強靱なダイニーマ製。
兄弟分で76L,590gのGUST PACKもあるが、デカすぎるだろう。

このザック、魔法で軽い訳ではない。省略できる物は省略しきっているので軽い。先ずはフレームが無い。ふにゃふにゃである。少ない荷物の時など情けない感じで荷重をうまくヒップベルトに伝達することすらできない。また、荷物をパンパンに詰めると周が円になるので背中に当たる部分も円の一部になってしまい、背負い心地はすこぶる悪い。更にショルダーベルトもヒップベルトも緩衝材なし。悲しいほどにペナペナと薄い。
軽量ザック故あまり荷物を詰めてはいけない。25から30ポンド(11kg~13.5kg)程度が推奨最大荷重だ。
世の中にはこれより軽いザックも多く存在するが、JamはBPLのフレーム無しザックの荷重をかけた背面崩壊試験で30lbまでは最も良い成績を収めていたのを見ていた。どんな試験かよく判らないが、多少はマシだと思った。

フレーム無しって頼りないが、これにはこれで使いようがある。ふにゃふにゃをシャンとさせるには仮想フレームを作ってやればよい。具体的にはサーマレストのリジットレストを円筒あるいは畳んで差し込み、それを仮想フレームとする。プロライトに少し空気を残して2つに畳んで差し込んでも良いだろう。その方が容積の減少は少ないと思う。
e0024555_239929.jpg

円筒の場合は荷物は円筒中に納める。これで荷が少なくともザックの形状を保持できるし、マットは荷物の保護にもなる。マットは当然、眠る時に使うので一石二鳥のトリックというわけだ。
この形式で2005年の春に北八つが岳で一泊のウルトラライトスタイルな山行に使用したが
e0024555_2333599.jpg

(シュルター内にちょっとだけJamが見えている)
宿営時は麦草ヒュッテで水を買い水も3Lほど持ち、そこそこの重量であったがサスペンションシステムは崩壊せずによく働いた。

Jamは背中に当たる面にもパッドの類はない。私は汗かきな方なのでカモシカで買ったMINERVAというメーカが出している立体メッシュシートをくくりつけている。
e0024555_2375419.jpg

背中にザック生地が直接触れないし、ある程度の通気性もあるだろう。これ以上細工すると軽量さを犠牲にするので、この程度で手を打っている。

しかし、宿泊を伴わない時にマットを持って歩くのは妙だ。
というので、VisionやInfinityのフレームシートを参考に、ハンズで材料を調達してフレームシートを作成した。これがやりたくて参考用にVisionを買ったくらい。不幸にもそれらのシートはJamには入れられない(Jamの口が狭くて..)、ので作った。
プラスチックのダンボール素材にアルミの棒を通して、体の線に合わせてVisionやInfinityのフレームパネルのカーブに合わせる。
e0024555_23102377.jpg

e0024555_23104273.jpg

白く見える縦の筋がアルミ棒。ステンレスの方が強度はあるのだが、どうせ腰に引きつけるから、柔らかいアルミでも曲線は出るだろう。実際、久々に引っ張り出してみたが、曲線は崩れていなかった。
実はJamの背面には元々厚さ1mm程度の断熱材のような物が挟まっている。わざわざ背面はそれを入れるために2重構造になっていたりするので、そこに押し込める。口が狭くて素直に入らないので、上側の両角は少し折り曲げるが、そこにはアルミ棒を通していないので大勢に影響はない。これで、マットを入れなくてもシャンとする。背負い心地も悪くない。芯の通ったJamの出来上がり。
抜き出せば残雪のソリ遊びに使えるかもしれない。

沢山荷物を詰めて重くしてはいけない。軽量なら緩衝材が入っていなくても問題ないのだ。と、自分に言い聞かせる。痛いのは自分が至らないのだ。と、言い聞かせる。
以前書いたInfinity同様、このザックを背負いたいが為に装備パラダイムを軽量化にシフトし、軽量地獄に入ることになる。今思えば恐ろしい..覚悟無くして手を出すんじゃなかった。
ザックの超軽量化は最後にするのが吉だと思う。
[PR]
by ulgoods | 2005-11-23 23:19 | 運搬系 | Comments(6)
Commented at 2005-11-24 11:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ulgoods at 2005-11-24 13:36
JSBさん、そりゃ大変だ。
急いで会議室を整備します。
多少の無理は仕方ないにしろ、ご自身もご自愛なされますよう。
親父様が快方へ向かわれますよう、祈念いたします。
Commented by mimi_s_mum at 2005-11-24 13:46
昔、帆布のキスリング!!をパッキングクするときに、下に押し込むのではなく、左右の隅に詰めるつもりで、横方向に詰めていけと教わったことを思い出しました。軽量級だったので、最高重量で、20kg弱しか持てなかったと思いますが、屈強な男子部員は30kg近く行ってたのでは?
最近は、軟弱化して、軽い脊椎側わんもあるので、しっかりしたフレームのバックパックでないとダメになりました。かなり凶暴な藪こぎもするので、材質も引っ掻きなどに強い丈夫なものでなくてはならなりませんから、軽量化は諦めるしかありません。
というわけで、バックパックを選ぶときは、モダン化帆布であるアズテック材を使った、フレームが微調整できる、地元macpacの製品にこだわってしまいます。、結局帆布とは縁が切れないんですね。
Goliteは、背筋力があり、肩、腰など脊椎系が強い方が、とことん軽量化して、加藤文太郎さんのような長距離速歩行をなさろう、という場合などは、最適なパックなんじゃないでしょうか。
Commented by ulgoods at 2005-11-24 14:10
ザックに骨格が無い分、人に求めるのかも知れないですね。Jamはダイニーマですが、VisionとかInfinityはSilNylonなので、小枝に刺さると一発で裂けそうです。
kazoooさんのとこのコメントで拝見しましたが、ずいぶんと長くお使いのご様子、地元のMacpacはメンテも効くので良いでしょうね。
ザックの所有が多すぎるのも考え物です。山へ行く前にザック着せ替え遊びが始まって、荷造りが進みません...
Commented by mimi_s_mum at 2005-11-24 16:39
どちらかというとレトロ志向ですから、macpacが大型ザックに使うアズテックが、いわばハイテク帆布なので、そのレトロな風合いが好きです。アズテックのよさは、ポリエステルと綿を混紡ではなく、別々の繊維としてより合わせた物を織ってあるので、綿の丈夫さを保ちつつポリである程度の軽量化も達成している上、化繊主体の素材のようには劣化しないことだと思います。

macpacが最初の大型ザックを出したのは28年前のことだそうですが、その最初のモデル(そのころはまだアズテックはなかったでしょうから、本物の帆布製でしょうが)を今でも使っている人は、時々見かけます。

物もちは良いほうなので、高校時代に父に譲ってもらった30年物の羽毛シュラフを今でも使っています。薄っぺらで、向こうが透けて見えますが、夏はちょうど良いです。
Commented by JSB at 2005-11-24 23:18 x
>ulgoodsさんへ
会議室の件、無理させてスミマセン!
どうぞよろしく
<< フォーラム設置 この時期の北八つ 縞枯山 大岳 横岳 >>