Golite / HEX3

海外サイトで知り、その性能と斬新なスタイルに惚れて即購入。2004年の11月だったっけか。
こいつ、何と言っても超軽量。本体は800g!で二人は余裕で寝られる。底が付いていないシェルターなんだけど、シートを敷いて寝れば問題ないし、地面があるのは便利だよな。残ったお湯を捨てたり、灰皿も要らないし、ストーブを使っても心配ない。どーせ後で欲しくなるのは判っていたから別売のバスタブフロアと夏用に蚊帳(Nest)も購入。

e0024555_23325278.jpg

上高地・徳沢園で


活躍履歴
・2004年1月、丹沢のキャンプ場で単独キャンプ。翌日は用事があって遠出できなかったから雪の鍋割山に登ってから近場のキャンプ場へGO、設営後は秦野へ出て温泉入って飯も食って寝るだけキャンプだったっけ。
キャンプ場は俺一人、月がきれいな夜だった。Hexを張り、傍らでユニフレームのネイチャストーブに炭を熾してPRIMUSのフォールディングトースターで小イワシを焼いたり、塩豚トロ焼いたりしながら傍らのSVEA123で湯を沸かして芋焼酎(一刻者)湯割りで流し込む。ご機嫌でずいぶんと捗ったな。飲んで寝たからかな、寒くはなかった。

・2005年5月、南伊豆の海岸で水遊びの基地として。砂浜でペグは効かないので防風林の松の枯れ枝を使ったが大成功!砂地では細くても長い枝が有効だった。Hexは下に隙間が出来るように腰高に張って風を呼び込むと蒸し暑くはなかったな。ファスナーを開けても周囲からのプライバシーも守れるし、中で立てるから着替えにも便利だった。Hex自体は目立ってたか..

・2005年6月、上高地の徳沢園へ子供を連れてキャンプ。Hex+Nest。子供二人分のシュラフやら担いだので軽いHexには助けられたな。写真はそのときのもの。虫が居るだろうからNestを持って正解だった。Nestを先に張るとペグ位置が確定するので幕体単体で張るより時間的には短縮できる。子供二人と3人で寝たせいか、結露あり。しかし傾斜が急だから垂れることもなく、Nestが幕体と離れているから触れることもなく、日が当たったらすぐに乾いたから問題なし。Nestとセットで完璧なテントとして機能して大満足。もー巨大な*6はお蔵入りだ。
[PR]
by ulgoods | 2005-07-11 23:34 | 宿泊系
<< 空き缶アルコールストーブ(序章... 山より道具 >>