杣工房KUKSAキット

飲んだ感想を末尾に追記した

時折コメントを戴いている杣工房さんは木工のプロでいらっしゃる。地元に根付いたしっかりした&お洒落な暮らしぶりはblogで垣間見ているだけでもステキだ。
私のKUKSAの記事も読んでいただいたのだろう、削って仕上げるククサKitを試作したので試してみないか、ということでサンプルをお送りいただいた。感謝。
e0024555_1415553.jpg

一つは木目も美しい白木の物で、これは既に削っていただいてある。枡で木の香りを楽しみながら酒を飲むことを考えればお猪口にちょうど良いかもしれないし、ジンやウオッカを飲むのにも使えそうだ。もう一つは固そうな木のブロックでこれがKitの原型だろう。肝心な、最も作業が大変なカップの中は既に加工済みなので特殊な曲がった刃物を要さずに、外側だけを好みに削ることに専念できるのは嬉しい。更にヘリの部分はテーパーを付けて削ってあるので大いに手間が省ける。驚いたのは取っ手部分が右利き用に少し湾曲して切り出されている念の入りようだ。三鷹のショップで同サイズのククサを見たことがあるが、やはり取っ手はビミョウに湾曲していたのを覚えている。

戴いたのは連休明けの頃のもうだいぶ前であるが、これを削るには鋭いノミが要るのかと思い込んで削るのを躊躇していたので時間が経ってしまったのだ。ノミは..100円屋で買った200円くらいのがあったが全然切れない。仕方ないので研ぐところから始めた。荒砥と中砥と仕上げに耐水ペーパーを買い、暫く研ぎ修行を行った。ついでに切出しナイフ、ナガサ、台所の包丁など、夜な夜な風呂場でギイコギコ研いでは紙など試し切りして喜んだり研ぎ直したり。包丁類はコピー用紙をサクサクと吊るし切りできるくらいには研ぐことができたが、肝心のノミがダメである。安物で鋼がなまくらなのかしらと、いくら研いでも上手くできないので、こっちは諦めていよいよククサを彫ることにした。

いやー、無心に二時間、結局は切出しナイフ一本で一気に削ってしまった。木目を見て刃の方向を考えないとササクレてしまったりするが、スパっと切れたときは気持ち良い。実はホンモノは白樺の瘤の固いところを使うらしいので固い木をリクエストしたのだが少し後悔した。あまり削りすぎないようにと自分に言い聞かせながら、たくさんの木屑を膝に受けながら、指を無くさないように刃物の向きと手の持ち方を変えながら、木がささくれないように木目を考えながら...削り出していく作業は楽しく、あろうことかblog用に写真を撮るのも忘れて取り組んだ。自分で研いだ刃物がサクサクと削っていくのも嬉しくてね。
e0024555_143071.jpg

ともあれ、少々無骨であるが握り良い小さなカップを削り出すことができた。
仕上げには食用の胡桃油を塗った。胡桃油は良い光沢が出るので、いままでは時々思いだしたようにオリーブオイルやサラダ油を塗っていたKUKSAにも塗ってやった。瘤の木目あたりが金属光沢を発してイイ感じだ。その他、木のヘラやお玉など手当たり次第に塗ったのは言うまでもない。
e0024555_1485967.jpg


後で本家KUKSAの削り方が出ているサイトを見たが、水分を含ませた状態で削るのだそうだ。木口が乾かないように工夫するとも書いてある。なるほど、急激に乾かして割れないように気をつければ湿っている方が削り良いかもしれない。

この半削りKUKSA、試しに出した地域の催しなどでも好評とのこと。Hiker's Depotのご主人やLocusGearのご主人にも見てもらったが良い感触だったので話が進めばお店に置いてもらえるようになるかもしれない。というか、是非そのように話が繋げられるようにと思っている。
e0024555_14301377.jpg


追記
日本酒を注いで飲んでみた。
檜は芳香が素晴らしい。最後の一口は鼻がカップに収まる形になるので一層強い。樽酒か新品の升で酒を飲んでいる感じ。
桂はクセもなく、自ら削った満足感と共に飲む。
量はぐい呑一杯分くらいか。適量であった。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 ...Click Thank you!!



こっちは、たぶん押してもらった1/100くらいしか反映されない模様...いいかげん謹慎を解いてもらいたい


Flattr this

[PR]
by ulgoods | 2010-07-21 14:10 | 生活系
<< 南ア釣行 テンカラ事始め / The b... >>