MLD Patrol Shelter & "e" Hook Titanium Stake

Mountain Laurel DesignsのPatrol Shelter、しかもレアなCuben Fiber版だ!
昨年の暮れにzzz_bearさんから珍しい幕が手に入ったからと聞き、張り具合など確かめたくてチョトお願いし借り出したのだが、なかなか張る機会に恵まれずにいた。先日、香港モノのUltralight "e" Hook Windproof Titanium Stakeも来たので併せて今年の初張りを行った次第。

■Patrol Shelter
このShelterはJardine-style tarpのようにBeak(くちばし)を持った形状であるが、軽量化のために後方は絞ってあり、しかも耐候性が高まるよう後の端はBeakではなく三角形の布地で閉鎖されている。Shelterと言っているが、タープとシェルターの中間を狙った感じである。
e0024555_17394667.jpg

寸法は、
Front Width: Adjustable 4.5 - 5.5’
Rear Triangle: 34” Wide X 25” Tall
Baseline Length: 8’
Ridgeline Length: 8.5’ w/o beak
Rear Wall Width: 34” Each Side
Front Wall Width: 42” Each Side
Height: Adjustable 30” - 48” (36” with tight ground level pitch)
で、少し小振り。後部を閉鎖しているので、その分長さを短縮できる効果がある。

Tarpを設計する場合どの程度の広さが必要か?という問題を解決する指針としては、タープの四辺から45度の角度で地面までの空間は風雨が干渉するので除外して、残った地面&そこから45度で広がる空間を居住区域とする考え方がある。後縁が閉鎖されていればそこは45度の縛りから解放されるので、後縁の高さをどのように取っても余分な庇を取らずに長さ方向を短縮できるという訳だ。同社のGrace Solo Spinntex EXPなどもリッジライン長は8.5'なので、Patrol Shelterは後縁方向に潜り込めば耐候性がUPしていると考えて良いだろう。これはサイズ的には、おおよそ5ヤードの布地があれば作成可能と思われる。

後端が固定の形状なので制約を受けてTarp並の張り方のバリエーションはとれず、せいぜい高さを変えることくらいとなる。後端だけ見ればGossamer GearのSpinnShelterと似ているが、SpinnShelterはベルクロが仕込んであって換気や変形張りのための開閉が利くことになっているが、Patrol Shelterの方が前部が開放的な作りだから換気不足による結露の心配が少なく、調整の余地の無い固定端面でも問題ないのかもしれない。

重量・価格的にはSilnylon製が 11 oz.で$150のところ、Spectralite.60(Cuben Fiber)では 6.5oz(184g、実測189g)と4.5oz.(128g)の軽量化を果たすも価格は$305と跳ね上がる。かつて100gの軽量化に$100掛る(ドルが120円台の頃の感覚)覚悟からすれば納得すべき範囲内の重量・価格比なのだが、MLDは店主のRonさんが一人で切り盛りしており、この手の幕は注文してから手にするまで1ヶ月といったところだろうか?zzz_bearさんは運良くUSEDな出物を見つけて手に入れたらしい。待たなくて済むなら価格が少々アレでもついつい手が出てしまうかも。
e0024555_17403814.jpg


張った印象だが、ガイラインを張るLineLoc Tensionerは9箇所付いている。それぞれが自由度を持つのでキレイに張るのは少し手間だ。後縁がFixとは言へ特にそれによって張りやすくなった感じは少なく、後ろの三角形が作る角度に合わせないと側面のシワと稜線の懸垂曲線の曲がり具合(懸垂曲線ものは開く角度が仮定されているので皆同様だが)、ならびにBeakの尖り具合が変わってくるので、私としてはやりにくい部類だった。風の強い状況で一人で張るのはチョト難儀しそう。通常は後縁を地ベタに貼り付け、前部は高めに張る(そーしないと出入りできないし)。耐風モードでは前部も地ベタに貼り付けるスタイルも取れるが、出入りが辛い。たぶんサイドからころがりこむのだろうが、高さがないので内部ではBivy並の寝たきりを強いられる。頂点部分を座った高さにセットするにしても、せっかく耐候性を高める意図なのだが実は生活空間は前部寄りにならざるを得ない。
まー、Sierraの夏などは、これと蚊帳をセットにすれば快適に過ごせそうだ。突然のストームの際は低く張ってやり過ごす。日本では使い勝手はどうだろう。オーナーのzzz_bearさんに頑張っていただきたいところ。

この手のTarpとShelterの中間を狙ったモノとして、以前MFD(Mnt.Fuji Designs)の亀の子タープ(Chelonian Tarp)を2007/10/13に書いたが、Chelonian Tarpも重量削減のために後縁を絞ったtrapezoidであり、パトとの違いはサイドリフターによって居住性を高める工夫がしてあった。
Chelonian Tarpも2008年の土屋氏のJMT Thru Hikeで使われたが、耐風性と居住性共に充分に用を為したと聞いている。Chelonian Tarpは敢えてリッジラインに縫い目を作らない&生地を有効に使う戦略であり張り方のバリエーションも出てくるので、カテナリカーブでなくても良いと思っている。
亀の子をCubenで作れば...と、初妄想。

最近のCuben系のシェルターは他には見ていないが、このCuben Fiberの幕には接合に粘着テープが多用されている。
e0024555_17414563.jpg

Cuben Tapeと言うもので3Mから発売されており、Tyvekにも使えるようだ。確か、片面と両面があった筈で、力が掛かる場所などでは針穴を開けなくて済むので針穴からの破れを防止でき、しかも別途針穴からの防水のための目止めが不要である。接着力は強力で縫製と遜色ないと聞いている。Tyvekの場合は、接着の剥がれよりも素材自体の剥離が起こるのは海外からのTyvek封筒の開封時に体験した人も多いと思う。Cubenでも剥離は起こるかもしれない。
その他、ポール受けの対摩擦性の強そうな補強材も接着されている。
e0024555_17421964.jpg

コレで保つなら針穴を開けないのは精神的に救われる。
今年はCuben Fiberは従来の貴重品から普及品とまではいかないが低価格の製品が出てきているので広まるような予感だ。国内ではローカスギアが非常に美しいKhufu Cuben / クフ・キューベン シェルターを発表しているし、海外でもZPacks.comがCuben製の低価格な幕を出す予定と聞いている。

■Ultralight "e" Hook Windproof Titanium Stake
昨年からちょこちょこ買っているeBayの香港のお店を久々に覗いたら面白いペグが売っていたので取り寄せてみた。6本入り、しかも多用途に使えそうなケースも付いて$12でお安い。
e0024555_17442428.jpg

これはペグの頭が見慣れたU字型でなくe型になっている。ペグはガイラインの引っぱられる方向に90度で打つ&綱を地面の方に掛けるべしと言われているが、風で揺れると綱が頭部にずり上がり、回転に抵抗しない棒状のペグでは180度回転してガイラインが抜けてしまう事があった。頭部をe型にすることによって抜けを防止するこのアイディアはすばらしいと思う。私の感覚ではガイラインに90度より少し大きな角度で打てば、引っぱり力の分力でペグが刺さる方向に力を利用できるのだが、下向きの力が掛かっても綱が抜けないeペグを使えばそういうことも可能になる。
e0024555_17443646.jpg

OEM品の流出なのか独自の製品なのかは不明だが、単なる安価な下請け工場ではなく、工夫も盛り込まれてきているのは今後の注目に値すると思う。



ことしもよろしく  Click! Thank you!!

[PR]
by ulgoods | 2010-01-03 17:52 | 宿泊系 | Comments(23)
Commented by r at 2010-01-03 22:29 x
お庭がずいぶんキレイ、とおもったら高低差があるから公園かな。
Commented by BB at 2010-01-03 23:33 x
いいペグですね~。
私も久しぶりにREIで春のハイキング用に買い物をしました。

Commented by jotaro yoshida at 2010-01-03 23:37 x
ULGさん、こんばんは。
通称キューベンテープと呼ばれる両面粘着テープ(日本の3Mでは取り扱いが無い。)は、国産の市販されているたいていのボンドで接合するより強力な粘着力があります(キューベンファイバーの場合)。しかし、タイベックの場合もそうですが、いくら粘着力が強くても、素材表面が層剥離を起こす懸念がある場合はやはり縫製に軍配が上がりそうです。事実、キューベンファイバーでもタイベックでも、キューベンテープで粘着したものと、縫製したものを引き裂き強度実験をすると、粘着テープだけの場合は表面剥離が起こり引き裂けてしまいましたが、縫製したものは針穴が拡張するもののなんとか持ちこたえたという実験結果をえました。より強度のある縫合をするためには、表面の樹脂だけを粘着で接合するだけでなく、中身のダイニーマ繊維を糸でしっかりと縫いつける必要があるようです。
Commented by 村上 at 2010-01-04 08:44 x
ペグは気に入らないな。何時も手で差し込める訳でもないだろう。頭が丸いと石ころで殴れない。石ころがなくても、靴を脱いでそれをトンカチにして、殴ってたたき込むし。頭は平な殴りやすい方がよいよ。
Commented by ulgoods at 2010-01-04 11:56
r、
これは近所の公園です。子供を連れた散歩がてら張ってみました。残念ながらいつもの裏庭はもっと暗くて湿っているし。
Commented by ulgoods at 2010-01-04 11:58
BBさん、
何かしかデザイナーの工夫の跡があるモノは好きで、釣られて買ってしまいました。香港モノは安いのでついつい余計に買ってしまうのが難点です。
まだ買う物があったのですか?春のハイキング、奥多摩にでも行きましょうか。
Commented by ulgoods at 2010-01-04 12:02
jotaroさん、
既にCuben Tapeはお試しのここと思います。
糸で縫うのが基本ですが、例えば補強の当て布などは接着で面で力を分散すると理想的です。工数も削減できますし。
適材適所で取り入れてはいかがでしょう。
Commented by ulgoods at 2010-01-04 12:16
村上さん、
よほどペグが刺さらない後遺症が長引いていらっしゃるご様子。
私もペグは複数種類持ちます。ピンペグが刺さらないときはネイルペグで貫通させるなど。
これは、eの工夫が上手く働いていて、そーいうのが香港から出ていることの紹介したい気持ちも込みで取り寄せてみました。
ペグ袋中の主力を占めるピンペグはeに置き換えることになりそうです。
Commented by 出がらし紋次郎 at 2010-01-04 13:11 x
本年も宜しくお願い致しやすm(_ _)m。

MSR E-WINGを持っておりやすが、六角形の独特な形状故に、中々使い切れずにいます。
MLDの、高級底付き蚊帳持ってるんでw
やはりタープは、大きめで正方形のプレーンな形が、あっし的には使い勝手が良いかなと思います。
Commented by ulgoods at 2010-01-04 13:52
出がらしさん、こんにちは。
セレニテー蚊帳をお持ちでしたっけ。パトと合体すれば良い感じでしょうね。
e-wingは有効な居住面積が狭そうな気がして買うに至っていませんでした。
一つ持つなら、シルナイロンの10'角くらいのが良いのかと思います。
Commented by chiyo at 2010-01-04 22:06 x
明けましておめでとうございます。
年明けから変態度の高いシェルター情報ありがとうございます。

私はSiltarp1(5×8)を愛用しておりまして
好きなところはど真ん中からガイラインを引けるところです。

くちばしは雨の時、風抜けなどにはやっぱりありがたい物なのでしょうか?

このシェルター後方をぴたっと留めれる分少し強そうですね。
おっしゃるとおり低い設置の時の出入りは難儀しそうです。

でも泊まってみたいなぁ。
Commented by ぱんぷきん at 2010-01-05 09:07 x
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
ずいぶん前になりますが、Bパルか何かで、ペグは地面に垂直に打つ方が強度があるというようなことを読んだことがあります。
それ以降垂直に打っていますが、ラインに対して90度に打つより強度が高いかどうかは未検証です。
果たしてどうなんでしょうか??
Commented by ulgoods at 2010-01-05 09:08
chiyoさん、こんにちは。
変な幕はそれなりの理由があると思ってしまい、見逃せずにおります。
Silnylonは伸びるので、自由度が高いので、変態張りをしても納まりが良いようですね。
くちばしは、その部分だけ低さを稼ぎますから、45度の話しで言うと計算上は幕体の長さを抑えて有効な居住面積を稼ぐ効果があるはずです。

お試しはzzz_bearさんへ!
ああ、返さないと...
Commented by ulgoods at 2010-01-05 10:16
ぱんぷきんさん、こんにちは。

>ペグは地面に垂直に打つ方が強度がある
これは初耳でした。いろいろググって見ましたが、やはり角度を付けて打つことを推奨する記述以外は見つかりません。
第一に、ガイラインの抜け難さの観点から角度が付いている方がガイラインがずり上がらないようにするの効果があります。
また、ペグ回りの土の力学を考えても、ペグの引き抜き抵抗力に期待しないとすれば、テント設営の場合はガイラインに垂直に、しかもガイラインをペグの根元に打つのが理に適っているように思えます。
もっとググった結果、単に垂直に打つという記述を見つけましたが、それはガイラインに対してという意味だと思いますが...
Commented by bphiro at 2010-01-07 00:14
遅れましたが明けましておめでとうございますm(__)m
今年も宜しくお願いします。
Commented by ulgoods at 2010-01-07 12:45
bphiroさん、こんにちは。
今年もよろしくお願いします。ますますの活躍を楽しみにしております。

八ヶ岳、お疲れさんでした。続きを楽しみにしております。
Commented by カワサキ at 2010-01-07 23:42 x
実は、去年、このCuben Patrol Shelter 仕入れました。後ろの部分がビークで、かつサイドリフターついている方が、書かれているように張りやすくて、応用が利きますね。後ろの壁が垂直に近いので、実は受風に弱いですし。
つくづく Ray Way のオリジナルデザインはすごいなと思った次第。 MFD かLocus Gear でCuben Chelonian Tarp 作ってくれないですかね(^^)。
Commented by t-h-arch at 2010-01-08 11:47
今年もよろしくお願い致します。
 建築的な話になりますが、Tyvekシートはテープで貼り合わせた方が、風に強い場合が多いです。僕自身もこの結果を実感した時は意外でしたが、、。
 両面版でも表面のコートとコートを圧着しておいた方が、仮設の場合特に緩衝部分が出来てよく保つと思います。Tyvekシルバーを仮に張っておく場合などもそう感じます。
 我々は、縫製ではなく、ステープル(ホチキス)で止めるので、単純に縫製とは比較できませんが、、。
 杣工房先代とこの話をした時に「ロケット(スペースシャトル)の表面の耐火煉瓦を糊で貼る国が作ったものだから。」と言われたことを印象的に憶えています。

 ペグを打つ角度について、僕も地面に垂直に打ってました。クセでしょうが杭は垂直にと思っているのでしょうね。そう言えばラインに垂直に打っている方が圧倒的に多いですね(汗)。
 e型ヘッドは地面に垂直打ちにはもってこいですね、ラインはずり上がらないし、叩き易いし。これはいいですね。おしぼり入れのようなケースにもツボをやられました。
 
Commented by ulgoods at 2010-01-08 12:54
カワサキさん、やはりお持ちでしたか...
Cuben Chelonian Tarpでしたら、ULG工房でも作れるかも。
両端を縛り上げたらハンモックになったりして!
Commented by ulgoods at 2010-01-08 13:07
t-h-archさんとこの年越し&お正月、良いですねぇ。
Tyvek用のテープは何をお使いですか?建材用でお安く買えますでしょうか??
スペースシャトルの煉瓦張りもアレでしたが、アポロのカプセルの底が溶ける素材で気化熱でカプセルを守ると聞いたとき不思議な感じがしたものです。
杭ですが、かけやで打ち込む木杭などでは引き抜きに抵抗するので打ちやすいように垂直で良いと思いますが、斜に力が掛かる場所では斜に杭を沿わせて結んでいるのを見たことがあります。ピンペグでは引き抜きの抵抗は期待できませんので。
斜杭で検索するとビニールハウスの基礎辺りの論文が引っかかりますね。
eペグはいいペグだと思いました。もち、容器も欲しくって(笑
Commented by zzz_bear at 2010-01-08 23:06
自分は結構広いと感じましたよ。
軽いけど小さいパッキングが好きなのでこれでキューベンは凝りました。

yoshidaさんに以前見せていただいたLOCUSのは小さくなるのでビックリしましたが。
Commented by ulgoods at 2010-01-09 01:49
zzzさん、おかげさまで目の保養になりました。
お返ししないと...
ガイラインなどは日焼けしていましたが、けっこう使い込まれたモノなんでしょうかね?その割には生地や縫製はシッカリしてた。

春からの出動を楽しみにしています。
Commented at 2010-01-14 15:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 100Yen電球色LEDランタン iPhone対応手袋 >>