Alcohol Jet Stove / ヲヤヂ3号

怒濤の三連作。
2号までの考察を基に3号を作成した。
幸い、裏庭にBBQをしたときに捨てた空き缶2本を発見!やった、これで作れる、と相成った次第。
やったことは
ヒゲ束ねなしでブラインドネジリベットに絡めた。
裏からリベットをカシメた。名付けて裏カシメ、、そんな酒があったような。
0.8mm6穴、捻りアリます。
これだけ。
工具があれば従来の2重壁ストーブ作りより遙かに簡単に工作できる。

裏カシメ状態のヒゲ
e0024555_16232771.jpg


結果は..大成功!
少ない予熱で即座にジェット噴射開始。
炎は大きく力強い。しかも良く回転している。
予想外だが、裏カシメのお陰でネジをより高く突き出すことが出来た。そのため、ネジ頭は赤熱するほど加熱された。
e0024555_16235224.jpg


まだラーメンテストに供していないが、よさそうな気がする。
タイムトライアルは夜にでもやろう。アルコールが無いのよ...

今回の裏カシメヒゲ縛りではネジの熱が直接ヒゲに届く。これは効率良いだろう。これは重要で冬季など缶が冷やされる状態でも影響が少ないことが予想される。外気温の10度や20度の差なんて赤熱するネジ頭から見れば些細なものだ。

4号も開発決定。
今度は裏カシメられヒゲを捻りン棒ではなく、リベット左右に分けてキャンディー縛りにしようか。その方がリベットの円周を無駄なく使えて厚みも減る。
炎が収束しすぎで収束場所で酸欠を起こしている可能性があるので、穴を調整して炎が離れるようにする。
それができたら量産体制に入ろう。
五徳はトランギア五徳がベストの気がする。予熱時のアルコール皿の役目も果たすから。下部に穴を追加して空気を増量し、上部の開いている谷の部分をアルミ板で塞いで防風性も持たせよう。一挙両得だ。アルミは、普通のリベットでカシメれば簡単だし。いい道具は大枚はたいた甲斐がある。

赤熱するネジ
e0024555_1792171.jpg


追記
3号のタイムトライアル結果
燃料30cc、水400cc、トランギア五徳、ジェットボイル鍋
沸騰開始まで 6:30
沸騰終了まで 16:40
完全消火まで 18:20
沸騰までの時間が遅いことが判った。
これはネジが赤熱するまでに時間が掛かることが原因と思われる。スロースターター、始めちょろちょろ中パッパ型か?あるいは炎が集結して酸欠で燃焼温度が下がっているか。
4号では一工夫要りそうだ。

炎漏れてませんの写真
e0024555_2136565.jpg

[PR]
by ulgoods | 2005-09-28 16:27 | 燃える系
<< Alcohol Jet Sto... Alcohol Jet Sto... >>