Carbon-Felt wick Alcohol Stove #3 / カーボンフェルト芯アルコールストーブその3

Carbon-Felt wick Alcohol Stove #3 / カーボンフェルト芯アルコールストーブその3

転倒実験を行ってみたので、簡潔にメモ。

■手順は
・内側に細いカーボンフェルトのとぐろ巻きを押し込んでアルコールの吸収量をUPした。
・アルコールを入れ吸収させてからひっくり返し、こぼれ出るアルコールは捨てた。
・残ったアルコールで湯沸かしを行い、400ccを沸騰させた。
・こぼれない量の燃料で充分実用になることを確認した。
e0024555_13251530.jpg
e0024555_13252682.jpg


ということは、燃料を入れて滴らない程度に容器に戻せれば転倒しても零れないはず...
湯沸かし中を想定して燃焼中にひっくり返してみた。さすがに燃料がヒタヒタの時はこぼれて燃えるが、フェルトがあるお陰で燃料は緩く流れでるので燃焼範囲が狭くて済む感じだ。燃焼が進んで液体が全部吸収された状態だとこぼれないだろう。
で、こぼれる燃料をこぼした後に再点火して星一徹の茶舞台のようにひっくり返してみたが、もはや燃料はこぼれなかった。ストーブ自体は熱くならなかったので、手づかみで五徳に戻すことができた。




■その他
・燃料にはエタノールを使用した。赤火傾向であるが火力は増大したようで、400ccの沸騰が4:45、600ccの沸騰が7:00程度となり、mt_panda氏の記事のタイムが確認できた。
・燃料を10日以上入れっ放しで蓋をして転がして置いたが、パッキンの劣化も見られずに容易に点火することができた。
・T's Stoveの固形燃料台では少し高さが足りなかった。
・あまり芯を出すと蒸発が盛んで蓋で消火ができなかった。

以上

蓋のできる物にCFを詰め込んで燃やせば何でもOKな感じ...困ったな(笑


追加
風防時の異常燃焼をテストするために、風防効果がキツいカルデラコーンストーブで湯沸かしした。
今回使ったのはBPL550鍋用



400cc+を水から沸かしたが途中で熱暴走などもなく、湯沸かし後は即座に蓋で消火でき、アルコールを無駄にせずに済んだ。
カルデラコーンで使えればOKだ。制式採用します。


なお、このテストと結果は私の個人的な体験であり、何人に推奨するもでなく、他の条件下に起きる結果に対して私は一切の責任を負いません。
何事も自己責任で、火事出さないように!火傷しないように!!



良い動画が撮れる機材を入手しないと...


Click なう... 

[PR]
by ulgoods | 2009-10-28 13:29 | 燃える系
<< 一日目 Carbon-Felt wic... >>