McNETT / Sil NET シームシーラー

前回はSeam Grip でVaprBivyの底に無駄な滴の芸術を作ってしまった。
予想どおり縫い目のシールも簡単に縫い糸のかたちのまま完全に剥がれた。タイループ側にはがっちり乾いて接着していたが、生地側がダメ。これでは全然役に立たない。

そこで手持ちのもう一種類Sil NETを試してみた。Sil NETは少し黄色みがかった色合いで何か濃そう。期待が持てる。アルコールで素材の表面をキレイにしてから使えとあるが、面倒なので省略。今回は注射器を洗うのも面倒なので縫い目に垂らしてから指で縫い目に刷り込むように、縫い目の奥の奥まで入ってほしいという気持ちで刷り込んだ。そしてBivy底面にもドットを2つ垂らして一晩待った。

現在、シール材は乾いて手に付かない状態だが、Seam Gripと違ってしっとり感が残る仕上がりである。床に垂らしたドットは剥離しない。何度も揉んでみたが全然剥がれる気配がない。べったりと膠着している。成功だ。縫い目の仕上がりも完璧。縫い目を手で広げてみるがちゃんと追従して広がる。
これなら防水は完璧でしょ。
e0024555_17353316.jpg

写真は縫い目の処理と底面のドット。

前回剥がれて残っているSeam Gripの剥がれカスはどちらかというとビニールな仕上がり。Sil NETはしっとりしたシリコンゴムな仕上がり。なるほど全然違う。

まてよ、Seam Gripは何に付いてきたんだっけかな?FirstLightの前室はSilNylonだからSeam Gripでは役に立たないはずだ。Sil PonchoはSilだし。となると異なる材質のものはMSR Zoid1のフライシートか。Seam GripはZoid1に付いてきたのかもしれない。憶えてない。うーん、これもテストしてみないとイカンな。

こうも性質が違うと、ちゃんと適用しないと用をなさないことが判った。
Sil NETで作ったドットは剥がれる気配がないから、せいぜい後で嫌悪感が湧かない程度の規則正しげに他のドットを打つことにする。
[PR]
by ulgoods | 2005-09-22 17:33 | 宿泊系 | Comments(25)
Commented by TiCA at 2005-09-22 21:30 x
★とか♡型のドットはいかがですか(笑
それにしてもulgoodsさんのマメさ、器用さには脱帽です。次は何が出てくるのかな~^^
Commented by ulgoods at 2005-09-22 21:55
TiCAさん、ども。
ドボっと垂らしても重量が嵩むだけで厚みに意味もないから厚手の紙で型を抜いてシルクスクリーン印刷のように刷り込もうと思っていました。でもねぇ自分で♡型とか切り抜くのは気恥ずかしいなぁ...(笑
Commented by welt-echo at 2005-09-22 23:40 x
こんばんは。
先日雷雨の中、GoliteのHex3を張ったのですが、ベンチレ−ター付近の縫い目から水滴が落ちて来ました。ulgoodsさんのHex3ではそういった事はありましたか?私もSil Ponchoを買ったのでSil NETがあるのですが、Hex3につかうと防水効果や外観的な面も有効でしょうか?それと、設営した状態から塗ったりはできるんでしょうか?(ものぐさなもので・・・)あとシームシーラーでもテープ状の物にした方が仕上がりは綺麗なんですかね?
Commented by カワサキ at 2005-09-22 23:52 x
Silicon impregnated nylon は、シリコン系のシームシーラーでないと、接着しません。 SilNet はシリコン系なので、シルナイロンを使ったシェルターにデフォルトで付いているシーム剤は、殆どこれです。
他には、日本でも売られている、シリコン系のコーキング剤(水漏れ防止のやつ)をホームセンターで買ってくればばっちりです。
粘度が高すぎる場合は、シンナーなどで薄めて塗ると良いです。

Welt-echoさん、こんばんは。
私も Hex3のユーザーですが、うーん、目止めしないで使っても漏る事はありませんでしたが、すぐに頭頂部だけシームシールしてしまいました。 Sil Net でばっちりですよ。
Commented by ulgoods at 2005-09-23 09:54
welt-echoさん、はじめまして。そーいえばHex3は目止めしてません。今度張った時に、お寄せいただいたコメントを参考にベンチレータ付近をやることにします。設営状態で縫い目にテンションが掛かった状態でやるのが良いでしょうね。テープ状が特に良いと思いません。写真は単に人差し指の幅です..注射器で縫い目にだけ注入して幅の狭いヘラで延ばせば良かった...と思っています。
Commented by ulgoods at 2005-09-23 09:55
カワサキさん、ホームセンターのコーキング材でOKなんですか?あのでかいやつ?あれならお安いですね。しかもシンナーで薄まるですか。
参考になります。
カワサキさんもVaprBivy目止め&滑り止め、いかがでしょうか(^^
Commented by ulgoods at 2005-09-23 10:01
welt-echoさん、雷雨の中での耐候性はどんな印象でした?縫い目の水滴は結露ではなく浸水ということですね。雷雨で風があったのではないかと思いますが、下部からの吹き込みとか、その辺の印象をお教え下さると参考になります。
幸いうちのHex3は悪天に捕まったことはないもので。
Commented by welt-echo at 2005-09-24 02:25 x
カワサキさん、こんばんは。やはり頭頂部にシームシールした方がいいんですかね。時間が出来たら試してみようかと思います。ご丁寧にありがとうございます。

ulgoodsさん。以前書き込みさせていただいた超初心者です。初めましてではないです。返事が遅くなりすいません。
風は雨が斜めになる程度で下からの吹き込みはなかったのですが、ベンチレーターのメッシュには若干水滴が付いていました。
それが縫い目を伝って水滴になって落ちたとも考えられなくもないですが、水滴が何度も落ちていたのは気になります。もう一度雨天時に張ってちゃんと確認してみたいですね。
あと、ペグの形状は少し気になりますが耐風性は全く問題ないと思いました。水滴の原因さえわかればほぼ完璧なテントだと思いますね。軽いし設営も楽でルックスも良いし使ってて楽しいです。


Commented by ulgoods at 2005-09-24 08:23
welt-echoさん、こんにちは。
水滴の状況、参考になりました。形状がややこしい部分はシームシールした方が良さそうですね。
あのY型ペグは..抜き差しで手が痛い&折れやすいので、私はチタンの細いペグを使っています。細くても11本刺せば充分ではないかなと思っています。
今後ともよろしく。
Commented by カワサキ at 2005-09-24 19:11 x
ペグは悩みますよね。 Vargo の Titan Nail Peg を2本持って、堅い地面はこれで穴を開けてガイドホール開けてから、他の軽量ペグを刺すと、固い地面でも大丈夫でした。これは Ryan の Tips.

それから、、、すんごい軽量なのがあります。。。
カーボンファイバーのペグです。
BMW Hi-Vis Titanium Tent Stakesが1本 6.7g で長さ15.4cm ですが、カーボンファイバーのペグは、4.5g で 長さが 17cmです!
10本で45g!
Commented by カワサキ at 2005-09-24 19:34 x
あ、そうそう、シリコンコーキング剤ですが、そもそもこれをデフォルトで付けてくるメーカーもあります。どこだったっけかな? Kifau か、Owareか。

Kifaru の社長 Patrick に言わせると、ホームセンターのシリコンコーキング剤と SilNetは『Same』だそうです。

ホームセンターでシリコンコーキング剤を選ぶ時は、『透明』を選んだ方が目立たなくていいですよ。白い Spinnaker Clothなら 『白』でもいいかも。
Commented by ulgoods at 2005-09-24 23:17
カワサキさん、どもです。
ストーブの見込み客みーつけ。
このストーブをもう少し追いかけてみます。
VargoのNail PegのTipsありがとうございます。4本ありますので2本は携行するようにします。
カーボンファイバーのペグはどーなんでしょうね。折れそうで..消耗品?
シリコン、sameとのこと。りょーかい!今度試してみましょう。シンナーで薄くできれば細筆や竹の筆でで上手く塗れそうですね。
いつも情報、ありがとうございます。
Commented by カワサキ at 2005-09-27 01:17 x
あ、あとこの手のシームシーラーの Tips をもう一つ。これは、 『Beyond Backpacking』にも書いてあるのですが、、、
SilNylonを シリコン系シーラーでシールした後、固まった部分がゴム状になって、タープ(この場合bivy)を畳むと、吸着しあって、広げるときに、びりびりと音がします。別に破れる訳では無いのですが、ちと扱いにくくなるので、 Ray Jardine は、シールした部分にタルカムパウダーを塗る事を推薦しています。

僕もCave をはじめとして、 シルナイロンのシーム後は、Johnson&Johnsonのユーカリオイル入りのタルカムパウダーを振っています。
ちなみに、臭くなったテント、ナイロンの類は、ユーカリかティートゥリーの精油を少しつけると、臭いが取れます。この伝で、僕はユーカリアロマのタルカムパウダーを使っている次第です。

追伸;Mixi で、クラシック・レイ・ジャーダインと言うテーマで記事を書く事にしました。まだ始まっていないで余談から入ってますが(^^)。
Commented by カワサキ at 2005-09-27 01:20 x
Rayの話ついでに、もう一つ。このカーボンファイバーのテントペグ、Rayが推薦しているものです。だから、まず大丈夫と思います。
稜線沿いの2本だけ Neil Peg か、快速旅団扱いの30cmアルミイーストンペグとすると良いと思います。
Commented by ulgoods at 2005-09-27 08:23
パウダーはテントの長期保存にも有効らしいですね。これ、ベビーパウダーではどーなんでしょう?
タルカムパウダーは靴ズレ防止や乾燥目的で足に塗ったりでもよいのでしょうか?
ちょいと買っておこうかしら。
Mixi、見に行きます!
カーボンペグ、ぐぐったけど見つかりません(T_T)
快速旅団で扱っているイーストンペグはお安い感じ。何本か手に入れる予定です。
Commented by カワサキ at 2005-09-27 21:33 x
あ、まだ連載始まってません(^^;)。まだ練習の段階ですう。
ところで、カーボンペグ、失礼しました。こちらです。
http://www.rayjardine.com/index.shtml

Commented by ulgoods at 2005-09-28 11:02
Mixiですぐに見つかりました。
既に私のヨタ文とは違って深く味わいのある内容になっていますね。こりゃ楽しみ。
別の希望としてはDr.Ryanの本を翻訳していただきたいのですが..
ペグ、Rayのページにあったのですね。見つけました。それにしてもお安い。カワサキさんは買いました?
タープKit、欲しいのだけれど縫い上げる自信がありません。女房のミシンは万年不調だし。中古で準工業用ミシンでも探そうかしらと思ったり。
Commented by カワサキ at 2005-09-29 19:28 x
とんでもございません。JSBさんやulgoods さんの様に、ノイエス、つまり、オリジナリティで新たな発見のある文ほど貴重で読み応えあるものはありません。
僕のは、軟弱アウトドアマンが、どうしたら楽して、安全でプチスリルがあって楽しめるか、、と言う妄想をツレヅレなるままに書いてるだけです。
Dr.Ryanの本、面白いですね。少しずつ読んでいます。
Ray のカーボンペグ、まだ買っていないんです。
Ray は最近、ミシンまで売っていて、(^^;)、あのページにあるんですけど、どーしたもんかなあと思っています。
マニュアルは英語だし、故障した時、難儀かなあと。
でも、ulgoodsさんのこのブログを見ていて、アルコールバーナー自作も面白そうなので、僕もせめて、キットでも寝袋やタープテントを作ってみようかなあ、と思い始めています。ulgoods さんの影響です(^^)。
Commented by ulgoods at 2005-09-29 22:19
カワサキさん、Mixi方面でもご活躍ですね。世界が広い。
Dr.Ryanの本は今日見たらIn Stockだったので買っておきました。しかそ、送料$30は高い..以前買ったLightenUp!は$9だった。しかも、だいぶ待たされるらしいので、一緒に買ったブツは先で、本だけ別便というサービスだったのに。もー、あんまり買う小物が無いので困ります。
私もキットのタープ作りたいです。自分で縫えれば断然安いし。あとキルトとか、いろいろ。Owareでも中古のミシンを売っていた気がするなぁ。何も外国からJP製の中古(たぶん)を買わなくても良いと思い、ちょっと探していたりしました。まさか縫い物をしたくなるとは思いませんでしたよ。
やるときは声掛けて下さいませ。一人よりは二人。でしょ。
Commented by カワサキ at 2005-09-30 17:04 x
http://www.ray-way.com/thread/index.shtml
これなんです。
ミシンの事はさっぱり(^^;)。
このRayが推薦しているミシンはなにか優位性があるんでしょうか。
SilNylonのつるつるでもまっすぐ縫えるとか??

SilNylonの縫い方は、なんかコツが要るらしくて、その様なページもありました。
http://www.specialtyoutdoors.com/tips/silnylon.asp

かなりめんどうくさそうです。
私の時は家庭科の時間は『足ふみミシン』でしたので(^^;)。
勿論、苦手でしたー、、、、、。
Commented by ulgoods at 2005-09-30 18:39
Rayのミシンは昔見ましたが、その当時は自分で縫うのは無理だと思い、あまり追っていませんでした。縫い方学校をやっているのですね..入学しようかしら?どですか?
JPのYahooで工業用ミシンを検索したら、たくさん出ました。どーいう性能が要求されるのだろう?多分、末端を折り返しながら縫う機能が要求されると思うのですが。知人で工業ミシンを使ってサンダルを縫っている人がいるのですが、何度か指を縫ったとか聞いて、血の気が引きました。糸を抜くとき痛そう。キャー
Commented by ulgoods at 2005-09-30 18:40
つづき...
Specialty Outdoorsも時々見ています。テントの改造とか簡単にできるとよいだろうな..
でも、ボーイスカウトの少年がタープを縫ってがんばっているようです。
http://www.outdoorequipmentsupplier.com/
慣れればできるようになるかしら?

パターンなんかも公開されてるし
http://www.backpacking.net/makegear.html
材料もEPICとか手に入りそうですし、UKのショップではQuantumを打っているところもあります。
そーいえば、RyanのYellowStoneのForumでMicroBivyでは番手の低いQuantumでは駄目だったと書いていますね。川崎さんのスモックは番手が低いのかなぁ?

BPLにRyanの本を発注したのですが、その後、「Drop Stoppers Micropore Rainsuit 」$14.99を見つけて、それを加えても送料変わりそうにないのでオーダをキャンセルかけているところです..
Commented by カワサキ at 2005-10-01 22:53 x
そうです。Aero Smockの Quantumはぺらぺらで、Vapor Bivyに比べても『極薄』です。やはり Pertex Quntumは、Woven Fabric で撥水性を持たせているのか、 Thread Count 番手が重要なファクターなのかも知れませんね。

工業用ミシンの件、うへーーっっと、家庭科の時間に手縫いで自分の手を縫っちゃった時の痛さを思い出しました。

縫い方学校ですか(^^;)。
手取り足取りなら入ってもいいなあ。優しくて美しい女性講師陣が、、、はっ、また妄想に入り込みそうになってしまった、、、、。

でもやってみたいですね。Yellow Stone は、 まだ Ryan のレポートした読んでいません。読んでみます。 Micro Bivyですね?
Commented at 2010-01-14 15:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ulgoods at 2010-01-15 14:47
Miguelさん、こんにちは。
じゅうぶん正しい日本語をお書きですから、ご遠慮なさらずにコメントを寄せていただけるとありがたいです。

お問い合せのモノ、日本ではシンナー(Thinner)で通じます。あるいはラッカー用薄め液とも呼ばれます。
ホームセンターの塗料のコーナーか、薬局でも買えるかもしれません。あるいは、
http://www.rakuten.co.jp/colorbucks/652878/665710/665728/
などで。

今年も雪の八ヶ岳など行っていますか?お会いしたいですね。
明日からigloo作りに出かけますが、2回目も予定していますので、お声掛けします。
今後ともよろしく!
p.s.
私もPak-Rifleは反対です。がっかりしました。
<< Alcohol Jet Sto... McNETT / Seam G... >>