ガスストーブ 試作1号

ガスストーブ 試作1号

e0024555_334530.jpg


6月末の燃える系ビルダー集会で刺激的なストーブに触れたのが発端で、私もガスストーブをでっち上げることにした。
方針は、
・精密な工作機械を持たないので、あり物を組み合わせて何とかする。
・火力調整が効くようにする。
の2点。

火力調整のアイディアは、対象を既製の部品と限定したお陰で良い物を思いついた。それは...ガキの頃遊んでいた模型飛行機に積む小さなエンジンのキャブレター部のニードルバルブ。液体燃料の調整用だがライターガスくらいなら何とかなるだろうという根拠のない勝算があった。小学生の私が持っていたのはENYA09という小さなエンジンだった。まぁまぁ安いので田舎のはな垂れ小僧でもお年玉で買うことができた。FujiやOSなどのメーカーもあったが私は何故か無骨に角張ったENYAが好きで、あれは何度も分解掃除をしたから構造やサイズ感も憶えている。ちょうど09用のサイズで良いんではないかなぁとWebで検索したら、幸いなことにENYA社はまだ模型エンジンをやっていて、日曜の夜中であったが09用のニードルが通販で買えたのは二重に嬉しかった。これで面倒な工作の40%は節約できたかなと思った瞬間、小遣いを握りしめて通った鈴木模型店の酒焼けしたオヤジと無愛想なおばさんの顔が朧げながら脳裏に浮かんだのは少し悲しいが、とりあえず3本調達。ENYA社は埼玉にあり、二日後には手元に届いた。
e0024555_35392.jpg

バネ先端の竜頭を回すとねじ込まれた針が動いてジェットから出る流量を調整する仕掛け。

とりあえず、どんな感じのジェットが出るかテストしなければならない。手元にあったシリコンチューブをはめ、ニードルを閉じ、ガスを送ったら、ポンと音がしてチューブが外れた。ガスを出し、チューブを押さえ、火も点けて...って手は三本も無いからどれかを固定しないとダメだな..と思う間もなくゼムクリップを伸ばして針金化し、チューブの両方の口を縛り上げてガスの方もガス管の蓋を裏返して固定モードにして送り込んでみた。が、みるみるチューブ管側の根元がプーッと膨らんで破裂してしまった。
e0024555_355193.jpg

ちょっとガッカリしたが、これによってニードル側の気密は結構あることが分かったのは収穫。次にニードルを開けてガスを噴出させて種火として置いておいたロウソクにかざして点火した。かなり絞られた強い炎が出る。ガスが強いとすぐに消えるほど速い。ニードルを絞ってみたらちゃんと火力調整も効いているようで、思わずニンマリ...ほぼ完璧だ。ニードルを絞って消すと僅かにネジ部からガスが漏れているようで、火が移るのだが、本番ではニードルと燃焼位置は離れるから余り問題にはならないが、ニードルを閉じて消火したらすぐにガス缶側も外すことが必要だな。

チューブが破裂するのは盲点だった。やはり最初はニードルを閉じた状態で開始したい。対策はホースの補強しかない。最初はバネを外側にはめて膨らむのを防ごうかと思ったが、ガス缶側だけやったのでは、いずれ他の弱いところが膨らむだろうから(細長風船を膨らますときと同じ)、強度のあるホースが必要である。半田を吸い取る銅の編んだヤツを被覆にしてと思ったが、手持ちの物はチューブ状じゃなかった。みたいな感じでWebを探していると...ありました!ラジコンカー用の耐圧ホース!ステンレスを編んだヤツで被覆されている。即座に注文して、それも2日後には届いた。模型系のお店は送るのが速いと感心している。

ストーブだが、仕組みは市販のガスストーブと同じ。パイプ内に仕込んだノズルから出たジェットを燃えやすい比率で空気と混合させて先端部に送り出し、バーナーヘッドからまんべんなく押し出して燃やす。バーナーヘッドの形状は宿題として、予めうまく空気と混合させることが必要だ。これはパイプ側面に穴を開けてジェットの勢いで空気を吸い込ませてパイプの中で混合させるのが常套。この部分の工作は、09のニードルに合わせてφ10mmの金属管となる。そんなパイプは新宿ハンズの6階だな!というわけで今日はハンズに行ってきた。真鍮か銅かで悩んだが、銅管の90度エルボーをキセルの雁首のように使いたかったので、ロウ付けするなら同じ素材がよいかと思い銅にした。真鍮の方が肉薄のφ10mmがあったのだが...実はロウ付けも初めてなので、そこで失敗したくないの心で銅管とした。銅管と内径φ10mmのエルボー、これはガスの配管用だと思うが、調達。ロウ付け用のロウ材、フラックス、バーナーと耐熱断熱材も調達。失敗に備えて小さなタッピングビスも調達。
銅管をパイプカッターを使って適当な長さに切り、小さな径の電気ドリルで一見無造作に穴を開けたが、気持ちとしては少し工夫がある。精密に直角じゃなく、わざと斜に入れることで、ガスを管に当て、ニードルのシリコンチューブ側を冷却すると共に内部に螺旋の気流を作り出せればと思っていた...ま、適当にやってみた。穿孔跡をニードル外形4mmに合うように穴を開け直した。その穴と直交して位置的に少し向こう側には空気取り入れ用の大きな穴を開けた。細いドリルで開けて、順に径を大きくしたドリルで開けて、最後はリーマで仕上げた。ボール盤じゃないし万力も使わないし、少しずつ工作するしかないからね..

てなわけで、何とかカタチが出来たのでテストした。
e0024555_392683.jpg

バリ取らないと...
先ずはニードルを閉じ、燃料管に圧を掛けてみる。ステンレスの被覆をシッカリ縛り付けてあるので中のシリコンチューブは膨らまない。これ成功!
次は点火せずにガスだけ出してみたら、側面に開けたエアインテークから空気が吸い込まれている音がするではないか!少し嬉しい。
最後に、ロウソクを種火にして管の先端を近づけてみた。おおお、理科室のガスバーナー並みに炎が吹き出す。先端に少し赤火が出るのはエアインテークの面積か形状位置の問題か。もう少し調整が要りそうだが、結構イイ感じだ。エアインテークの吸入音もステキ!ニードルも効いていて火力調整ができる。現状では全開にすると炎が立ち消えるが、適当なバーナーヘッドを付ければ解消するだろう。
ニードル部分は手で触っていられるほど、殆ど温度上昇がなかた。これならホースも溶けないだろうから肉厚のゴムホースで良いかも。
e0024555_373316.jpg


いやー、2週間、悶々と頭上演習した甲斐があった。とりあえず試作一号はこのままバーナーヘッド装着まで進むことにしよう。
次の工作は雁首部分の固定、バーナーヘッド作成と固定、燃料管側の押さえ、ゴトク。バカブンドさん程やるとしたら吸熱仕掛けのお鍋まで...ああ、まだまだ先は長い。



久々に燃える系工作モード入り
このストーブの名前..やっぱりキセル野郎だろうな...

頑張りまーす!のでClickぺんぺん!!

[PR]
by ulgoods | 2009-07-05 03:09 | 燃える系
<< 自転車雑感 6月20日、都内某所 >>