奥多摩酔仙


日曜は日帰りで奥多摩の低山を歩いた。
奥多摩のそうは高くない山々も今頃は萌えて新緑。こんもりした山肌に桜もちょうど満開で、期せずして三度目の花見に目じりも緩む。
e0024555_1128848.jpg

朝、飯を握って軽く焼いてから味噌を塗って持ってきた。網も持参し、山で炙って食うと旨い。
下りは渓谷沿いに歩き、山肌から流れ出すその場所で旨い水を堪能した。川の始まるその一滴をククサに受け溜め、念のために紫外線で殺菌すれば冷たいままに後々の憂いも無い。
それなりに気持ちの良い山歩きであった。

さて、奥多摩のもう一つのお楽しみは山を降りてから始まる。さっさと電車で帰らずに、毎度道草しては奥多摩の産物で奥多摩の酒を飲むことになっている。駅周辺の小さな飲食街、狭い路地にひしめき合っているのだが、今回はお初の店の戸を開けてみる気になった。ちょっと良さそうなその店は、まだ日は高いが暖簾は出ている。中が見えないから不安もあるが意を決してガラガラと開け、偵察がてらザックを担いだままの顔だけ入れて挨拶をした。

間口一間そのままの幅の店内は狭い。女将さんと常連とおぼしき3人が既に結構デキ上がりのグラス片手にこちらを振り向く。ども!空いてますか?と尋ねると、いいよいいよと運良く空いている席を指してくれる。空席越しに盛り上がっているようなので、詰めてもらった方が良いですかね?と言うと、良いから間に座れと言う。せっかくだから有り難く座らせてもらった。ここの流儀、中は狭いのでザックは路地に出しておく。案の定、話に巻き込まれるが話が面白い。こっちも半分その気で来てるから、あれよという間に澤乃井の小瓶が並んだ。

やがて、昨日飲んだという岩魚の骨酒の話となる。なんでも釣りの名人から天然物の差し入れがあって昨日は痛飲したらしい。ほーと思っていたら、女将さんが昨日の残りがあるからと塩焼きにして出してくれた。釣り上げた天然物、大きさは不揃いなのだが、生臭みなく淡泊かつ焦げた皮の風味が香ばしい。女将さんの焼き具合もよろしいが、これはその釣り師に指南されてのことらしい。と、舌鼓を打っていたちょうどその時、ガラガラと戸が開き、運良くか毎日のことかは分からぬが、件の釣り師が顔だけ入れて中を覗った。待ってましたと皆で席を詰めて釣り師のために隅っこを空けて補助椅子で座ってもらうことになった。岩魚の礼を言い、話はご馳走になった岩魚から再び昨日の骨酒へ...なんでも釣り師殿、毎晩二尾を焼いては骨酒で六合を飲むという。皆ウンウンと聞いているが、話すほどに皆の視線が物語る何かを感じてしまった釣り師殿、一寸待て、家からとっておきを持ってくるからと席を立った。ほどなくして釣り師殿は型の良い岩魚四尾と共にご帰還だ。

女将さんが焼く。釣り師殿がカウンターに入り、どれ!と絶妙の焼き加減を見計らって素手でにぎって鍋に沸かしてある酒に放り込む。ジュっと音がして見る間に酒が飴色になってくる。あとは鍋がカウンターに出てきて、お玉ですくって飲めと言うことになった。
e0024555_1129717.jpg

いや、濃厚。ほんのり香りと言うもんじゃなく、岩魚のお出汁にほんのり酒香と言うべきか。酒も岩魚の脂でとろみが出ており、まさに甘露。
e0024555_11294516.jpg

うまい!うめっ!と、たちまちにして鍋は空き、鍋に継ぎ足し煮出しての二番酒となる。通に言わせると二番が旨いらしい。なるほど二番は酒の味もしっかりしており飲んだ気になる。さすがに三番となると岩魚も精根尽きるのだろう、しかし風味も残ってまだ飲める。四番まではやれるという...

やれやれ、初めての店で大いに飲み笑い、気がつくと終電を気にする時間が近づいて来て、慌てて辞することになった。
隣で飲んでいたオヤジさん、住所を知らせてくれて遊びに来いと仰る。だけれども来るときは少し前に葉書で知らせてくれよとも。電話もないし、テレビもない家で絵を描いて暮らしているらしい。

わはは!都内なら葉書は二日もあれば届くという。確かに!
どうやら私は奥多摩酔仙たちの宴に紛れ込んでいたのだろうね。
秋の個展も楽しみだ。



奥多摩は、山も良いが渓も佳い。人も好いから私も宵から酔いました。
一献...Clickどんどん!!

[PR]
by ulgoods | 2009-04-21 11:33 | 山行 | Comments(18)
Commented by なまこ at 2009-04-21 12:19 x
いつもながらにすばらしい記事で、感嘆しました。連休は奥多摩駅から雲取山まで歩く予定です。
Commented by ulgoods at 2009-04-21 12:45
なまこさん、こんにちは。
清水も岩魚も、そしておそらく人も山の恵み。今回は地元の人とも交わる機会を持てて有り難く頂戴しました。
奥多摩から雲取りは石尾根を登りで歩くのですね。長大なので私は下りで使います。全部ピークを連ねるとそれなりにキツイけど、眺めを楽しむなら巻き道は勿体ない。
ツツジが咲いてきれいと思うし、今年は早いらしく、山菜が出ているかもしれません。

昨日辺り出た山渓JOYに短い文章が出ています。
よろしければご覧下さい。
Commented by 書房 at 2009-04-21 13:09 x
Hiker'sDepotのパーティのときにご挨拶させていただきました。
(覚えてらっしゃらないかもしれませんけど、たんばでえろのお話をしました)
うまいタイミングでコメントをと考えているうちにずいぶんたってしまいた。

なんて素晴らしい宴。あこがれてしまいます。
山を歩くだけでなくちょっとした寄り道で素敵な出会いがあるものなんですね。
自分ももう少し余裕をもって遊びに出かけたいものだと思いました。
Commented by m&M at 2009-04-21 15:11 x
こんにちは
たまぁ~にあらわれるモノです
完全に骨酒に釣られてました

今シーズンは雪が降らないことを言い訳に ずいぶん山から遠ざかったまま とうとう暖かくなってしまいました
というより ココに出てくる奥多摩イワナの棲みかよりずっとシモで 大ウグイと遊んでいたら いつの間にか夏間近です

そうそう モコモコの山はいいですよね
このままたいした雨が降らなければ 峪釣を先延ばしにして ワタシも山へ行ってみようかと思っています
でも、、、、今 ちょっとだけ降ってますね!

ではでは お邪魔いたしました
Commented by r at 2009-04-21 15:36 x
仙人モードになってきたってことじゃない?
風貌的にはそんな気もするが。
Commented by ulgoods at 2009-04-21 17:27
書房さん、ども!
三鷹でお会いしておりましたか...あのときは舞い上がっていましたので(笑)記憶も飛んでおりまして、失礼お詫び申し上げます。
次回機会があれば、よろしくお願いします。

遠くの山へ行ったときなどは余裕もないですが、奥多摩は終電遅いし。落ち着けるお店を探し出したいと思っています。
渓も深いけど、横丁路地も深いですよ..

今後ともよろしく!
Commented by ulgoods at 2009-04-21 17:33
久々にm&Mさんが釣れました!
山も良いけど川も良いですね。あんなに美味い魚が釣れるんですから。多分に釣りの腕だとは思いますが...
帰りに覗き込んだ渓谷の滝壺で主を狙うのか一人の釣り人がシュッシュとやっていました。あんな絶壁、どーやって降りたんだろう?山の技術もあるんでしょうね。
釣りもある種の総合格闘技なわけですね。

雨、降っていますね...無理せずに(笑
Commented by ulgoods at 2009-04-21 17:34
rどの、
仙人モードにはとうてい及ばず。
千人並みにはなってきたかな?
Commented by aubergine at 2009-04-22 01:41 x
深イイ記事をどうもありがとうございます。
明日、山渓買いに八重洲BSにはしりまする。


Commented by hatha at 2009-04-22 05:26 x
はじめまして、月曜日の早朝にテントの外でうどんをすすっていたらいいちこ片手の絵描きの親父につかまりふたりでボトルをあけてしまいました。やはり泊まりに来いと手紙をかけと。昨日は飲みすぎたといっていましたし同じ人でしょうね・・・
Commented by ulgoods at 2009-04-22 12:52
auberginesさん、
やはり、半分くらい求める気持ちがあると出会える世界のようです(笑

本屋さん...山渓本体の方にも少しだけ出ております。
Commented by ulgoods at 2009-04-22 12:56
hathaさん、こんにちは。
朝からボトル空け飲み...ご苦労様でした。
出没場所は氷川でしょうか?そのお方は奥多摩酔仙の一人の気配が濃厚です。前夜はバスで帰れる時間ではなかったので(笑
Commented by 出がらし紋次郎 at 2009-04-22 15:34 x
 人と酒とのいい出会い。ニヤリとさせられます。

 あっしも昨年初夏に奥多摩へ行きましたが
 (鴨沢…七つ石小屋…雲取山…お祭)、駅周辺の飲食街は未チェックでした。駅前のみやげ物屋で川のりは買いましたが。
 澤ノ井は、さらりとしてうまいですね。
Commented by ulgoods at 2009-04-23 08:47
出がらしさん、( ̄ー ̄)ニヤリッ
酒に関しては、ガラリと戸を開けてお近づきになるのが早道ですね。駅周辺の探索が続きそうです。
多摩の酒はまだ他にもあって、ビールなどもあります。こちらも制覇には時間が掛かりそう。

奥多摩駅以外にも、ちょっと電車に乗れば駅前は沢山ありますし...コワ(笑
Commented by 酔 狂 袋 (笑) at 2009-04-25 14:33 x
以前、ULGさんが、渋いブラックの収納袋を紹介してくれました
今回の此れ(名前のところを、クリックしてください)
某大学チームのアイディアから実現した秋葉系の名品かも?

ごっついオジサンのULザックから、ひょういと取り出すと
  素敵じゃないですか (爆笑)
Commented by N.NOZUE at 2009-04-25 15:59 x
はじめまして。こんにちは。
私も岩魚が好きで、よく養殖物を買ってきてはイワナ酒にしてみたり、炊き込みご飯にしてみたりしてます。
天然物でしたら、味も格別でしょうね。
今度はそのお店に5月中旬~下旬に行ってみてはいかがですか?
タラの芽より美味しいと言われる、コシアブラがあるかも知れませんよ。
Commented by ulgoods at 2009-04-26 09:54
酔狂袋(笑)さん...ご紹介の袋、わたし的には酔狂との認定は難しく。
炭カル袋はカサカサして好きませぬ。あの模様は、遠目には縁日の綿菓子の袋のようでもありますね。
黒の収納袋って、Tyvekの布団乾燥カバーでしょうか?あれは酔狂認定!Bivyの代用として優れています。
Commented by ulgoods at 2009-04-26 10:03
N.NOZUEさん、ども、確か以前にもコメントいただいております。
岩魚は煮ても焼いてもいーわなー、旨いですね
コシアブラは既に今回歩いた道ばたの無人売店で売っていました。駅前ではキノコやこんにゃく、わさびなども売っているので、求めて帰ればしばらく楽しめます。
私もカツカツのULじゃないときは、そういう楽しみもあり。
<< Dr. Bronner'... モンベル空気枕修理 / Mon... >>