Ultra Sil Shopping Bag / SEA TO SUMMIT


いまでこそ普通化してきたが、近所の夜12時までのスーパーはずいぶん前にレジ袋が有料5円になった。たぶん国内でも先駆的な試みの有料化モデル店だったと思う。系列他店が無料でもうちの近所だけが5円の徴収だったから...
e0024555_11134316.jpg

ま、5円はうちの子供も通う地域の小学校の環境教育予算に充てられると区の職員が説明していたので一応は納得し、時々はよろこんで5円払ったりもしたが、おかげさまで教育が進むと再利用のレジ袋でも子供らの視線が寒いので、ついに屈して買い物袋を使うようになった。
買い物袋は現在3個目。レジ袋を貰わないと2円相当のポイントが貯まるのだが、金額的には既に10年分くらいは先取りしてしまっている勘定だ(持っていく行かないで7円の差、年100袋として10年で7000円)。

最初に買ったのはGRANITE GEARのAir Grocery Bag(緑)、Silnylon製で47g。当時はこれしか見あたらず疑問もなく使っていたのだが、どうも荷重が掛かったときに取っ手部分が痛くて困っていた。どーいうつもりのデザインだろう?握りの指側の縫い目に線で荷重が掛かるようになっており、面でないから指を切断するようにキリキリ痛い。ハンカチなどを被せて握らないと重量物は運べない。
e0024555_11135559.jpg

これは無駄な買い物をしないようにとの偉大な工夫であると思うのは買いかぶりすぎだろうな。
また、ヘタしたら同社のザックカバーと間違ってしまいそうな収納も裏表がわかりにくく、私は暫く裏返しで使っていたのかしら?収納袋のバイアステープから解れてきて本体がはみ出て納まり悪い。残念ながら買い物袋は同社の優れたザックとは違って根性の入り方がイマイチな作りだった...
e0024555_11145198.jpg

これは次作で痛みが軽減されたらしいが、収納のアレもあり買い換えに至らない。デザインというか構造のミスなので無料交換くらいしてくれても良いと思う。

痛いので憤懣やるせなく重い物の買い物ついでにスーパーのオリジナルの袋を買ったが、これは普通のナイロン繊維で収納袋も分離型なので、当然その後二つは別れ別れになり..面倒なのでポケットに突っ込んで買いに行っていたが、最近は縫製の目も緩んできて強度に不安があり、品質的にはレジ袋を越えていない。比較写真を出すほどでもないが、面白いのはナゼに収納袋を一体化しない理由があるのか?ということだ。これは不思議だと思う。

で、真打ち登場。昨年のORショーの速報で見たのだが、SEA TO SUMMITから大人を吊り上げられるほどの強度を持った買い物袋が発表されたぽくて興味を持っていた。ちょうど忘れかけていた頃、三鷹のお店で出会ったらレジ袋の単価など忘れて即お持ち帰りになるのは仕方ない。そう、レジ袋削減はコスト云々では無いらしいので...
e0024555_11174631.jpg

素材はSiliconized Cordura、重量の47gはGranite袋と同じだが収納は超小型指向。130kgの荷重に耐えられるのが売りだが、まずは何より取っ手紐が痛くないのが嬉しい。更に取っ手紐が長めなのでトートバッグとして肩に掛けられるのが従来のレジ袋置換品には無い使い勝手でポイントが高い。当然、指の痛さに腰が引けて買い物が疎かになると言うこともなく、肩に掛ければ多少重くても帰り道でメゲないから、お店としてもこの袋を推奨バッグにすれば店の売り上げ倍増も間違い無しだ。
で、130kg、大人を吊り上げるの件だが、アシスタントがいないので、両足を突っ込んで自分を持ち上げようと思って引いたが持ち上がらなかった。普通そんなに買わないでしょ!というくらい力を掛けたがバッグは大丈夫だし、指も平気。縫製も要所要所にバータックが入って今のところは緩む気配がない。
e0024555_11183031.jpg

収納袋が小さいのが困ったなと思ったが、実際困ることはなかった。生地の滑りがよいのでワシワシと両手の親指で押し込んでいけばきれいに入る。取り出しも、指で押し出すとワッっと飛び出る感じで入れるときの手間が報われる。Graniteの方は入れも出しも手間が掛かる。
言っちゃアレだがわたし的感覚ではGraniteより使い勝手がよい。
e0024555_11191685.jpg

レジ袋をSilで置き換え耐久性を増すのと、買い物に適したトートバックをSilで軽量化する、戦略の違いだね。

当面はこの袋だな...袋難民から解放された安堵感は大きい。
こんなご時世だから家で飯の若者も増えたかな?スーパーの夜の客層にも変化が出ている気がする。

この袋一つくらいで野宿に出かけられるくらいに...



この袋のパッケージにLeave No Traceとあるが、そう、野に入ったら痕跡を残してはいけない。誰かが辿って道になる。
Antigravity gearではYour MAMA says Leave A Traceだが、続きがあって in the Right Place!ということになる

ゾロゾロ歩くのは好きではない...
Click!!

[PR]
by ulgoods | 2009-04-14 11:35 | 運搬系
<< モンベル空気枕修理 / Mon... Black Diamod PO... >>