Black Diamod POLELINK CONVERTER

地味な道具だが...

Hex3を立てるならトレッキングポールにアルミのPole Extenderで良いのだが、もっと背が高い物を張るときは長さが足りなくなる。手持ちの屋根ではAlphamid nanoを腰高に張るときはPole Extenderでは長さ不足だった。
ポールを二本継ぐのはHex2時代のカワサキさんの翻訳ページで見ていたが、どーもグラグラしそうで試してはいなかった。カワサキさんのページの物は先端部分を輪っかを外して細引きでやっているが、輪っかを2個外すのが面倒でもあったし...
グリップ側のストラップをミニカラビナでつないで細引きでぐるぐる巻きにする方法もあるが、最近のトレッキングポールはストラップの長さ変更が簡単にできるので、逆に緩んだり、その機構に力が掛かりすぎる懸念もあった。

そんなとき、何気なく三鷹のページを見ていたらBlack Diamod POLELINK CONVERTERが商品紹介に出ており、魚心に水心なので試してみた。
元々はBD MegaLiteのパーツであるが、ばら売りされたらしく嬉しい。
実測32gは結合の手間を考えれば許せるかもしれない。もちろんHexの専用ポール400g超を持つよりは遙かに軽い。
e0024555_17135721.jpg

結合は、グリップを互い違いに袋に入れてベルクロを三カ所巻くだけで簡単だった。グリップも断面は楕円なので短直径同士が合うように気を遣うと納まりが良い。ベルクロもキリキリ巻く。こういう継ぎ物は力の方向がズレると折れるので、何度か力を掛けて安定する位置を探すことになる。

少し体重を掛けてみたが折れなさそうなので実際に使ってみた。
継いだ長さは160cmくらいにしてAlphamidを張ってみたが、Pole Extenderに比べても特に弱そうな感じはない。ただし、モノポールシェルターでは長いポールを斜に立てて生活空間を広げる事もあるのだが、継ぎ物は特に曲げの力が掛からないように気をつける必要があろう。
e0024555_17142162.jpg

ま、基本的には端の回転が拘束されていないなら曲げの力も発生しないと思うが、部材としては個々のポールに対して回転モーメントが掛かる構造ではありそう。蹴飛ばしたりして撓んだ瞬間は危ない気がするので気をつけたい。

Hex3の時は従来どおりPole Extenderにすると思うが、Alphamidを連れ出すことがあればPolelinkを使うことにする。
Alphamidは出入り口面が垂直に近く、ポールが邪魔になりにくいから良いだろう。
e0024555_17143363.jpg

キレイに張れた!



使っていないときに使える使い道も考えないと...
やり投げに使えるかな→


Click!!

[PR]
by ulgoods | 2009-04-10 17:25 | 宿泊系
<< Ultra Sil Shopp... TarpとBivy >>